【レビュー】キリンウイスキー 「陸(旧ボトル)」の味と香りを解説!!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

このウイスキーを簡単にまとめると

キリンウイスキー 陸とは
  • ウイスキー属性:ブレンデッドウイスキー
  • 産地・メーカー:日本(キリンディスティラリー)
  • キーモルト:非公開(グレーンが主体のブレンド)
  • 飲みやすさ:★★★★☆☆
  • 味わい:軽やかでスイート
  • おすすめの飲み方:ハイボール
  • 総合評価:★★★★☆☆
  • どんな人に向いている?:サッパリとしたハイボールを楽しみたい人、甘い味わいが好みの人

このウイスキーについて

このブログ初の日本産ウイスキー

今回は、キリンからリリースされている『陸』をレビューしていきます。

キリンというとビール🍺🍺🍺

ビールというと?キリン。(筆者はサッポロ派)

そんな当たり前の感覚があるかもしれませんが、

キリンの大麦を扱ってきた酒造メーカーとしてのノウハウは

伊達じゃありません。

キリンが所有する『富士御殿場蒸留所』は、

世界の舞台でグレーンウイスキーの賞を3回も取ってる

すごい蒸留所なんです。(日本の誇り)

加えて、マスターブレンダーである田中城太さんは

「世界最優秀」の称号を持つすごい人(゚o゚;

とんでもないポテンシャルを持つ富士御殿場蒸溜所。


※「グレーンウイスキー」とは、とうもろこし、ライ麦、小麦などの穀類を主原料とし、そこに大麦麦芽を糖化酵素として加え製造されたウイスキー


そのキリンから発売されているウイスキーが『陸』です。

ウイスキーファンの間では評価が高いボトルですが、

筆者は今まで購入に至りませんでした。

理由は、この銘柄の前にキリンから発売されていた『キリン 富士山麓 樽熟50度』

こちらのストックを少〜しずつ大切に飲んできましたが、

ついにストックもゼロ・・・

同じ物を買おうにも、プレ値(泣)

あの味わいを求めて、今回のレビューに至った次第です。

ストレートで飲んでみる

では作り手に敬意を表してストレートで頂きます(´ω`)

・香り ・・・バニラやカカオなどの甘い香り、果実感

・味わい・・・アルコールの刺激と共に、カカオ、バニラ、柑橘の皮

度数が50度ありますので、アルコールの刺激は否めないですが、

慣れてしまえばグレーン特有のライトな甘みと軽やかさが心地良く

後追いで穀物の芳醇な旨味もついてきます。

しばらく放っておくと、

オランジェットの様なカカオとオレンジに変化。

値段を考えるとコスパはとても良いウイスキー。

ストレートでも十分美味しいですね(´ω`)

ハイボールで飲んでみる

次はハイボールで頂きます(´ω`)

はい、これは完全にバーボンハイボール(笑)

強いて言うならバーボンよりもクセが少ない印象で、

以前にレビューした

フォアローゼスの様なフローラルな香りも感じとれます。

(そもそも、フォアローゼスはキリンの所有だと忘れていました)

後味もキレが良く、食中酒としては高評価です。

ハイボールで頂く場合は500mlのボトルなので

あっという間になくなってしまうかも(笑)

ただ、本品はアルコール50度です。

割る比率や、飲み過ぎには注意しましょう。

まとめ

キリン富士御殿場蒸留所の主力商品『陸』をレビューしてみました。

原酒不足で終売になってしまった『キリン 富士山麓 樽熟50度』とは

違った方向からのアプローチでしたが、

『お値段以上』の高品質ウイスキーに変わりはありませんでした。

50度という度数に戸惑うかもしれませんが、

初心者の方は加水したり、割ったりなどすれば美味しく頂けますし

ちょっと冒険してひと舐めストレートで味わってみるのも

良い経験になるかもしれません(´ω`)

ジャパニーズウイスキーの中で、変わったアプローチをするキリンに

今後も注目して行く事になりそうです。

ご馳走様でした(._.)オジギ

テイスティングに使用しているグラス「ゲレンケアン」、クリスタル製なのに丈夫で倒れにくく洗いやすい!!しかも、安価という素晴らしいウイスキーグラス。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました