【イーガンズ フォーティチュード】を3種類の飲み方で味と香りを解説!!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

このウイスキーを簡単にまとめると

イーガンズ フォーティチュードとは
  • ウイスキーの属性:シングルモルト
  • 産地:アイルランド
  • 蒸溜所:非公開
  • 飲みやすさ:★★★☆☆☆
  • 味わい:活き活きとしたシェリーの酸味
  • おすすめの飲み方:ロック、ハイボール
  • 総合評価:★★★★☆☆(ワイン好きの方なら★5)
  • どんな人に向いている?:シェリーの風味が好きな人、フレッシュな味わいが好みの人

このウイスキーについて

今回レビューするウイスキーは、アイリッシュウイスキー「イーガンズ フォーティチュード」です!!

今回のレビューボトルは、イーガンズウイスキーの正規代理店である「イントレピッドスピリッツジャパン」様よりご提供頂きました。筆者に代わり御礼申し上げます。

イーガンズ(EGAN’S)とは!?

イーガンズ(EGAN’S)は、1852年にアイルランド中部のタラモアで創業した170年の歴史あるウイスキーブランドです。

創設者は、代々アイルランド王家の法律顧問を務めてきたというイーガン家のパトリックイーガン氏。

出典:EGAN’S

彼は法律顧問の仕事を務める傍ら、卸売りと小売業のP.&H. Eagan社を設立し、ホテルやビールの醸造など20以上の事業を展開。さらに、ウイスキーの醸造、ブレンド、ボトリングなども行う優秀な経営者でした。

その中でもウイスキー事業の評価は高く、自社でブレンドを行ったオリジナルブランド「Egan’s No.5」と「Egan’s No.8」は、国内外から高い評価を受け、高級ウイスキーの代名詞的存在となっていきます。 

しかし、1900年代に入ると世界大戦やアメリカの禁酒法などの影響により売上は激減。苦しい時代を生き延びましたが、ついに1968年にその歴史を一旦閉じてしまいます。

一度はその歴史に幕を閉じ、“幻のアイリッシュ・ウイスキー”と呼ばれていたイーガンズですが、ついに復活のときが訪れます。

操業停止から45年後となる2013年に、6代目となるジョナサンイーガンと従兄弟のルパットイーガンによってイーガンズウイスキーは復活!!

新生イーガンズは、世界的に権威のあるウイスキーのコンクールで次々と賞に輝き、老舗ウイスキーブランドとしての実力を世界に知らしめています。

巧みな技術と蒸留所からの信頼によって、イーガンズは素晴らしいボトルをこれからもリリースしていくんでしょうね!!

イーガンズ フォーティチュードとは

「フォーティチュード」とは、不屈の精神という意味で復活したイーガンズのようなウイスキー!!

このボトルは、シングルモルトで蒸留所こそ非公開ですが、アイリッシュウイスキーとしては非常に珍しいペドロ・ヒメネス樽(PX樽)で熟成を行っているのが特徴です!!

熟成年数は4年、甘口シェリーの代名詞”ペドロヒメネス”の樽による熟成によって若さを感じない華やかなモルトに仕上げられています。

また、イーガンズは冷却濾過を行わないノンチルフィルタード仕様なので、ウイスキーの旨味が削がれることなくボトリングされているのも良いですね!!

sister-ley
sister-ley

飲みやすい印象のアイリッシュウイスキーですが、近年は個性的な味わいのボトルも多数出てきています。今回も、ストレート、ロック、ハイボールの3種類の飲み方でレビューを行っていきます。どうぞ、最後まで御覧ください!!

スポンサーリンク

テイスティング(実際に飲んでみた)

テイスティング ウイスキー ストレート ロック ハイボール グレンケアン

フレーバーチャート

味わいチャート

ストレートで飲んでみる

香り

  • 白ワイン、シトラス、シェリー、ナッツ、黒糖

味わい

  • フルーティー&スパイシー

感想

まずは、ストレートから飲んでみます。

香りは、白ワインの鮮やかな酸味とグレープフルーツをはじめとするシトラス系のフルーツの爽やかさに満ちています。シェリー樽由来の香りが加わり、ナッツの香ばしさや黒糖のような甘いニュアンスも感じ取れます。

口に含むと、シェリー由来の華やかな酸味とほんのりとしたタンニンが広がり、次第に黒糖の甘みが心地よく伝わってきます。味わいはビターな印象を与えますが、ワインの豊かな香りとペドロヒメネス種の蜜のような甘みが調和し、アイリッシュウイスキーの新たな可能性を示す個性的な味わいを楽しめます。

スコッチのシェリー系とはまた違ったアプローチの味わいです!むしろこちらの方がシェリーらしさが生きていて、華やかな味わいとジューシーな果実感がたまりません!!

ロックで飲んでみる

香り

  • 白ワイン、ベリー、シェリー、微かにスモーキーさ

味わい

  • 甘酸っぱい果実

感想

次は氷を入れてオンザロックで飲んでみます。

香りは、白ワインや赤い果実を思わせる豊かな酸味と、シェリーの深みとわずかなスモーキーな風味が絶妙に絡み合っています。

口に含むと、シェリー由来の繊細な酸味とビターが舌の上で踊り、中盤にはスパイシーなアクセントが加わります。余韻には、モルトの樽からの香りとシェリーのタンニンがビターとして感じられ、静かにフェードアウトしていきます。

シェリー樽熟成ならではのエレガントさが際立ち、明るく華やかなキャラクターが印象的です。ワインからウイスキーへの移行も自然で、シェリー樽の影響が明確に表れた味わいが楽しめます。

南スペインの陽気な感じが味わいにも出ています。ワインでありながらカジュアルに楽しめるシェリーの魅力がたっぷり詰まっている味わいでした。

ハイボールで飲んでみる

香り

  • 白ワイン、シェリー、グレープフルーツ、柑橘の皮(白い部分)

味わい

  • グレープフルーツ(シトラスのジューシーさ)

感想

最後はハイボールで飲んでみます。

白ワインの繊細な酸味とシェリー樽由来の洗練された香りが融合し、グレープフルーツやその他のシトラスフルーツのビターな香りが加わっています。柑橘の皮と果肉の間の白い部分から感じる独特の苦味も漂います。

口に含むと、ジューシーで爽やかな果実の香りが広がり、ビターな味わいが際立ちますが、滑らかで飲みやすいです。ウイスキーハイボールとは思えないほどの心地よさで、余韻にはモルトの風味が現れつつも、果実の印象が強く残ります。陽気で明るいキャラクターが、グラスをあっという間に空にさせるでしょう。

ワイン愛好家にとっても、このウイスキーは間違いなく魅力的な選択肢となるはずです。そのエレガントでフルーティーな味わいは、ワインからの移行にも自然に馴染みます。

まとめ

170年にわたる伝統を誇るアイルランドの高品質ウイスキー、イーガンズのシングルモルト「フォーティチュード」についてのレビューです。

最初は提供される商品に先入観があるのではないかと懸念していましたが、実際に試してみると、その心配は全く無用でした。このウイスキーは、その独特な風味が非常に美味しく感じられるのです。

ウイスキーの世界では、しばしば蒸留所やスペックに基づく先入観によって評価が左右されがちですが、「フォーティチュード」は、目隠しをしても一口飲むだけで、その豊かな個性が際立ちます。シェリー系ウイスキーのカテゴリーにおいては、マッカランやグレンドロナック、グレンファークラスが有名ですが、このウイスキーはそれらとは一線を画す、シェリーの風味が際立つモルトです。

ウイスキーの概念を一新するほどのインパクトを持つイーガンズの「フォーティチュード」、気になる方は是非、チェックしてみてください!!

sister-ley
sister-ley

最後までお読み頂きありがとうございました。

テイスティングに使用しているグラス「ゲレンケアン」、クリスタル製なのに丈夫で倒れにくく洗いやすい!!しかも、安価という素晴らしいウイスキーグラス。

スポンサーリンク

コメント