【レビュー】サントリー シングルモルト山崎NAを3種類の飲み方で味と香りを解説!!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

このウイスキーの特徴を簡単にまとめると

シングルモルト山崎NA(ノンエイジ)とは
  • ウイスキーの属性:シングルモルト
  • 産地:日本(サントリー)
  • 蒸溜所:山崎蒸溜所
  • 飲みやすさ:★★★★☆☆
  • 味わい:ベリー系が絡むオリエンタルな香り
  • おすすめの飲み方:ストレート
  • 総合評価:★★★☆☆☆
  • どんな人に向いている?:シェリー系のモルトを好む人、食後にゆっくりと

このウイスキーについて

出典:サントリーHP(山崎)

世界中で評価の高い「サントリーシングルモルトウイスキー山崎」についてご紹介します。

「サントリーシングルモルト 山崎」は山崎蒸溜所で造られるシングルモルトです。

山崎蒸溜所とは

出典:大阪公式観光情報

山崎蒸溜所は、1923年に創設されたサントリーのウイスキー蒸溜所。

日本で最初のウイスキー蒸溜所でもある山崎蒸溜所は、2023年で100周年!!数々の銘ウイスキーを生み出す世界的にも有名な蒸溜所の1つです。

山崎蒸溜所は大阪府にあり天王山の麓にあります。元来、ここは名水の地として知られ「千利休」も茶室を建てたという言い伝えがある土地。

山崎は、桂川、宇治川、木津川が合流する独特の地形にあり、ウイスキーの熟成に最適な湿潤な環境にある為、まさにウイスキーづくりの理想郷ともいえる場所です。

1923年の創設当時、山崎蒸溜所の初代工場長に就任したのはニッカウヰスキーの創業者『竹鶴政孝氏』でした。

本場スコットランドでウイスキー造りを学んできた竹鶴政孝氏を、日本で最初の蒸溜所に招き入れサントリーのウイスキー造りの歴史は始まりました。

その後、理想とするウイスキーの違いから竹鶴氏は退所。彼はさらなる理想郷を求め北海道の余市に「ニッカウヰスキー」を設立します。

現在はライバル関係でもあるサントリーとニッカが、元は同じ所からスタートしていたというのは非常に感慨深いものがあります。

山崎蒸溜所の特徴

山崎蒸溜所の最大の特徴は「質の高いモルト造り」が出来る環境と設備、そして世界的に見ても稀な「原酒の造り分け」にあります。

本場スコットランドの様に、蒸溜所も多くなく原酒の交換という文化の無い日本では、様々な味わいの原酒を造ることが出来ませんでした。

そのような状況下で山崎蒸溜所は、仕込みの段階から造り分けを行っています。

大小合わせて2基の巨大な糖化槽(マッシュタン)があり、それぞれに違ったアプローチをすることで異なった性質の麦汁を生み出しています。

発酵槽(ウォッシュバック)についても同様で、木製の発酵槽が8基、ステンレス製はなんと12基もあり、スピリッツの味の要である醪(もろみ)が製造されてます。

山崎蒸溜所で最も特徴的な蒸留棟には形状の異なるポットスチルが全部で12基あります。

初溜6基、再溜6基それぞれ形の違うものにすることで、生まれてくるスピリッツは多種多様。1つの蒸溜所でこれだけの種類のポットスチルがるのは山崎蒸留所だけです。

2013年には、別棟に新たな蒸留施設を建設。設置されているポットスチルは創業当時の形状をしていて原点回帰を謳っています。

山崎蒸溜所では、100年ほど前から眠っている樽がまだあるといいます。しかし、現在は滋賀県近江にある貯蔵庫にて一括で熟成を行っているようです。(サントリーは100億円の投資を行い設備強化を行うと発表しました。)

蒸溜所内は、見学が可能となっています。中には製造工程はもちろん貴重なサンプルも展示されていて、さながらウイスキーの博物館のようです。

シングルモルト山崎とは

山崎蒸溜所のモルト原酒だけで造られたウイスキー、それが「シングルモルト山崎」です!!

年数表記のない「ノンヴィンテージ」タイプですが、山崎でしか出せない味わいがあり、苺を彷彿とさせるベリー系の香りが魅力的なウイスキー!!

その味わいの決め手になっているのが「赤ワイン樽熟成モルト」と「ミズナラ樽熟成モルト」です!

赤ワイン樽で熟成したモルトを加えることで、ノンエイジでもエレガントでまろやかな味わいに仕上げられています。

また、サントリーによって一躍世界的に有名になった「ミズナラ樽熟成モルト」も大切な存在!!

ミズナラはジャパニーズオークと呼ばれるブナ科の木で、戦後の資材がない時にサントリーが国内で賄うために使い始めた樽材です。

ミズナラ樽は扱いが難しく、良い味わいを造るためにとってもコストが掛かる為、日本以外の蒸溜所では使われてきませんでした。しかし、お香を思わせるオリエンタルな芳香は唯一無二!!

まさに、サントリーの顔ともいうべき「ミズナラ樽原酒」すべての山崎に使用されています!!

オリエンタルな香りとエレガントさを持ち合わせた「シングルモルト山崎」は、現在も品薄な状態が続く貴重なシングルモルトで巷では見かけることも稀です。

しかし、運が良ければ巡り合うことも出来ますので見つけた際は是非チェックしてみてください!!

sister-ley
sister-ley

では、日本を代表するシングルモルト「山崎」をストレート、ロック、ハイボールの3種類でレビューしてみたいと思います。是非、参考にしてみてください!!

スポンサーリンク

テイスティング(実際に飲んでみた)

テイスティング ウイスキー ストレート ロック ハイボール グレンケアン

フレーバーチャート

味わいチャート

※個人差があります
個人差があります

ストレートで飲んでみる

香り

  • イチゴジャム、クランベリー、マンゴー、デーツ、ドライフルーツ、お香

味わい

  • ハチミツの甘さとスパイシーな余韻

感想

まずは、ストレートで飲んでみます。

香りは、イチゴジャムやクランベリーなど熟した果実や赤い果実を彷彿とさせるフルーティーさがあって、マンゴーやドライフルーツ、デーツなどの熟したニュアンスにお香のようなエキゾチックな香りが混じって感じられます。

口に含むと、ハチミツにベリー系の果実の酸味が絡んで広がり、徐々にスパイシーが膨らんできます。そして、タンニンが追いかけてくるとスパイシーと混じりながらゆっくりベリー系の香りに尾を引きながら消えていきます。

「山崎12年」とは全く異なったアプローチの味わいで、全体的にはフルーティーな香味による飲みやすさもありますが、人によっては苦手に感じられるかもしれません。しかし、日本を代表するシングルモルトですので、一度は試してみても良いかもしれません。

熟した赤い果実やジャムっぽさは他にはない独特の香味で、エレガントかつフルーティーです。ノンエイジという不利な条件を逆手にとった複雑さが非常に面白い味わいでした。

ロックで飲んでみる

香り

  • イチゴジャム、風邪シロップ、ハチミツ、クランベリー、お香

味わい

  • ブドウのタンニン、ベリーが漂う余韻

感想

次は氷を入れてオンザロックで飲んでみます。

香りは、イチゴジャムや風邪シロップ、クランベリーなどの赤い果実、そしてハチミツにうっすらとお香のエキゾチックさが感じ取れます。

口に含むと、赤い果実の香りとともにタンニンの渋みとビターなテイストが広がります。そして、スパイシーさが膨らんでくると後を追うようにハチミツが香ってきて、余韻はビター感の強さが際立ちながらスッと消えていきました。

ストレートに比べると、ビターさがとても目立ちワイン樽由来のタンニンが異常に目立つ傾向にあります。加水が進むにつれて渋みやビターも強まってくるので、飲みにくい印象を持ちました。

一言で言うなら、ロックはオススメできません。タンニン感やビターがとても強く感じられ飲みにくい印象があります。また、食事にも合わせ辛い味わいだと思いました。

ハイボールで飲んでみる

香り

  • イチゴジャム、クランベリー、オーク、ハチミツ、オレンジジュース

味わい

  • 柑橘とタンニン感のあるビター、ミズナラの余韻

感想

最後はハイボールで飲んでみます。

香りは、イチゴジャムやクランベリーが相変わらずあって、オークの香りにハチミツが混じり、爽やかなオレンジジュースの要素もうっすら感じられます。

口に含むと、爽やかな酸味と共にベリー系の香りが口の中いっぱいに広がります。そして、ビターが追いかけてきて、シトラスの爽やかな香りと共にスッと消えてなくなります。

味わいはエレガントでフルーティー、そして飲みやすくもあります。しかし、バーボン樽をメインとしたモルトとの相性と比較すると爽快さがやや劣り、スッキリとした印象があまりありませんでした。そもそも、ワインを割って飲むことはしないので、キーモルトのワイン樽熟成モルトはハイボールには不向きかもしれません。

華やかでエレガントな香りは好印象でしたが、どこかスッキリとしたハイボールならではの爽快感がないのが残念です。

まとめ

まもなく100周年となる山崎蒸溜所。シングルモルト『山崎』は日本のウイスキーの集大成の様な銘柄です。甘やかで香り高く、スムースな飲み口で長い余韻。日本人に合った味わいを求め続け、気がつけば世界中の人を魅了し独特の個性を解き放つ存在になりました。店頭に出る機会が少ないのが難点ですが、それだけの価値を築いた結果なので仕方ないかもしれません。

個人的には同メーカーの『白州』の方がサッパリとした味わいで好みですが、ウイスキーに求める要因は人それぞれ。気になる方は是非、お試し下さい。日本ウイスキーの歴史や苦悩を想像しながら、グラスを傾けると、より一層楽しめると思います。

山崎のラインナップ

山崎(ノンエイジ)

シングルモルト山崎のスタンダードボトル。ワイン樽熟成の香味がなんとも言えないまろやかさを演出しています。

山崎12年

山崎の基本中の基本、もっとも歴史の古い日本のシングルモルトの代表格。12年以上熟成されたモルト原酒のみで造られる味わいは非常にまろやかで奥深く、注いでる先から素晴らしい香りが広がります。

山崎18年

18年以上の長期熟成モルトのみで構成されるハイスペックな山崎18年。店頭に並ぶことは稀で、市場に出回る最高峰と言っても良いかもしれません。

山崎25年

限定品を除く、レギュラーラインナップの中では頂点に君臨する最高峰の山崎。25年以上もの長期熟成モルトのみを使用し、年間生産本数も少なく、極みと呼べる最高のシングルモルトです。(筆者は10年以上前にバーでハーフショットをオーダー、高額ながら経験と思い飲みましたが、アルコールを全く感じず、ひたすらに複雑で香味豊か、余韻はいつまでも続いて終わりの見えない素晴らしい味わいでした)

最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました