【蒸溜所限定】シングルモルト宮城峡「MALTY&SOFT」(モルティ&ソフト)を3種類の飲み方で味と香りをレビュー!!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所では、蒸溜所限定で販売されている「構成原酒シリーズ」というボトルがあるのをご存知ですか!?

宮城峡の「構成原酒シリーズ」は、宮城峡蒸溜所のショップで限定販売されている特別なボトルで、宮城峡の個性豊かなモルト原酒の味わいをタイプ別に楽しむことができます。

シリーズには、「シェリー&スイート」「フルーティ&リッチ」「モルティ&ソフト」という3つのタイプがあり、「シングルモルト宮城峡」は、これらの個性的な原酒の要素をブレンドして作られています。

かつては、このシリーズは12年間熟成したボトルとして販売されていましたが、現在は原酒不足のため、ノンエイジ使用となっています。また、このシリーズはカスクストレングスでボトリングされており、アルコール度数は全て55%とモルトファンにもおすすめ出来る仕様となっています。

宮城峡のモルト原酒をタイプ別に味わえる魅力的なシングルモルト、それが「構成原酒シリーズ」です!!

「モルティ&ソフト」を簡単にまとめると

宮城峡限定「モルティ&ソフト」とは
  • ウイスキーの属性:シングルモルト
  • 産地:日本(宮城県仙台市)
  • 蒸溜所:宮城峡蒸溜所
  • 飲みやすさ:★★★★☆☆
  • 味わい:クリーミー、モルトの香ばしさを全面に感じる
  • おすすめの飲み方:ストレート、ハイボール
  • 総合評価:★★★★★☆
  • どんな人に向いている?:バーボン樽熟成を好む人、ハイボールを好む人

宮城峡蒸溜所について

日本のウイスキーの父である『竹鶴政孝』が北海道の余市に第一の蒸留所となる「余市蒸溜所」を操業させてから約30年が経ち、新たな蒸留所建設の計画が立てられました。竹鶴氏は「異なる蒸溜所で生まれた複数の原酒をブレンドすることで、ウイスキーはより味わい深く豊かになる」という信念を持ち、山形県との県境に近い”宮城峡”を訪れました。

自然豊かなこの土地には、広瀬川の支流である新川(にっかわ)が流れ、山々が育んだ良質な水が得られるウイスキー造りに適した土地です。竹鶴は新川の水で手持ちのブラックニッカを水割りにして試飲し、その味わいに確信を得て蒸溜所の建設を決めました。

スチームによる間接蒸溜について

「宮城峡蒸溜所」では、「余市蒸溜所」とは異なる蒸溜方法が採用されており、その違いがあります。

まず、余市ではストレート型の蒸留器が使用されていますが、宮城峡ではくびれのあるバルジ型が採用されており、ラインアームは上向きです。

さらに、宮城峡では蒸溜方式も異なります。余市では石炭直火蒸溜が行われていますが、宮城峡では間接式のスチーム蒸溜が行われています。この方法では、温度が約130℃と直火蒸留よりも低くなり、ゆっくりと蒸溜が行われます。蒸気と香味成分が何度も繰り返し釜に戻ることで、洗練された香りと味わいが凝縮されていきます。

余市の石炭直火蒸留の様な力強いモルトとは対照的に、宮城峡では香味が濃縮されるので華やかで優しい味わいのモルト原酒が生まれます!!

出典:NIKKA

蒸溜所方法だけでなく、ポットスチルの形状やラインアームの向きによっても生まれてくる原酒に違いが出来るのもウイスキーならではですね!!

宮城峡限定シングルモルト「モルティ&ソフト」

宮城峡蒸溜所限定のシングルモルト「モルティ&ソフト」は、原料のモルト(大麦麦芽)にノンピートとライトピーテッドのものが使われています。

また、宮城峡蒸溜所の特徴でもある「スチーム式間接蒸留」によってじっくりと蒸留されたスピリッツは華やかで軽快さが持ち味のウイスキー原酒へと成長していきます。

「モルティ&ソフト」はネーム通り宮城峡モルトの味わいと柔らかさが楽しめるボトルで、「宮城峡 構成原酒シリーズ」の中でも最もプレーンな味付けがされているシングルモルトになっています。

宮城峡「構成原酒シリーズ」の中で最も個性が抑えられた”素”の宮城峡モルトの味わいが楽しめる「モルティ&ソフト」!!

華やかでエレガントな宮城峡の素直な味わいを楽しめる仕様となっています!!

sister-ley
sister-ley

では、今回もストレート、ロック、ハイボールの3種類の飲み方で味と香りを確かめていきましょう!!

スポンサーリンク

テイスティング(実際に飲んでみた)

テイスティング ウイスキー ストレート ロック ハイボール グレンケアン

フレーバーチャート

味わいチャート

ストレートで飲んでみる

香り

  • 青リンゴ、シトラス、バニラ、ハチミツ、花、ライム、ウエハース、ピート

味わい

  • 香ばしい穀物とバニラ様、スパイシーな余韻

感想

まずは、ストレートから飲んでみます。

香りは青リンゴにシトラス(主にライム)の爽やかさが絡んで、バニラ、ハチミツ、ウエハースを感じます。また、フローラルな花っぽさに僅かなピートの香りが良いアクセントになっています。

口に含むと、バーボン樽の滑らかなでクリーミーな味わいに青々としたフレッシュフルーツの香りが口いっぱいに広がります。そして、シトラス感とスパイシーが膨らんできて、そのままビターとスパイシーな余韻になりゆっくりと消えていきました。

バーボン樽由来の滑らかさにフレッシュな風味、全体はスパイシーでビターな傾向。構成原酒シリーズの中でも、甘みは抑えられている印象ですがクリーミーな感触は最も飲みやすくて、飽きのこないスマートな印象を持ちました。

加水してみると

ここでアルコールの刺激を緩和するために少し加水してみました。

香りは、バニラやハチミツなど甘い香りが先行しています。そして、後を追うように青リンゴ、フローラルな香り、シトラスが香ってくる感じに変化しました。

口に含むと、ややビターなシトラスとモルトの香ばしい味わいが広がります。そして、スパイシーさが膨らんできてシトラスの爽やかな風味と混じり、ビターな余韻が続いていきます。

加水によって、バーボン樽の特徴が謙虚に出てきた印象です。口に含むとシトラスや花、土、草などナチュラルな風味も感じられ、スパイシーな風味も適度に抑えられて飲みやすくなりました。

華やかでクリーミーな味わいは「ザ・ニッカ」の第一印象に似ています。構成原酒だけあってニッカの様々な銘柄に共通するニュアンスを感じることが出来ました。

クリーミーさはバランタイン17年にも匹敵するポテンシャルの高さを持っています。3種類の中でも筆者はこの「モルティ&ソフト」最も好み!!

ロックで飲んでみる

香り

  • ライム、青リンゴ、バニラ、花、ハチミツ、土

味わい

  • 香ばしいモルト、フレッシュなビター

感想

次はオンザロックで飲んでみます。

香りは、ライムに青リンゴの甘酸っぱさ絡んで、バニラ、ハチミツ、フローラルな花にやや土っぽさを感じます。

口に含むと、ライムとフレッシュフルーツの爽やかな香りに、モルトの香ばしい甘さを感じます。そしてビターが膨らんできて、花のフローラルな香りとライム感が混じり合いながらゆっくりと消えていきました。

氷を入れると、シトラスや青リンゴの爽やかさが一層に引き立ちます。また、かすかに感じるモルトの甘味が心地よくて飲み飽きることがありません。食事にも合わせやすくロックにしてもクリーミーさは保っているところが素晴らしいと思いました。

ラベルの印象は氷を入れても続きます!ライムとモルトの香ばしいハーモニーは中毒性があって危険!?とても美味しくいただきました。

ハイボールで飲んでみる

香り

  • ライム、草、土、青リンゴ、ハチミツ、バニラ、ミント

味わい

  • ライムミント、ビターテイスト

感想

最後はハイボールで飲んでみます。

香りはライムのシトラス感に溢れていて、土、草などナチュラルな印象があります。また、青リンゴっぽさもありながらハチミツ、バニラに混じりミントの爽やかさもあって清々しい印象です。

口に含むと、ライムとミントが一体となって口の中で広がり、バーボン樽の香ばしいバニラ様が香ってきます。そして、シトラスのビターが追いかけてきて、モルトの香ばしさと共にスッと消えていきました。

清々しいライムミントの風味にバーボン樽のクリーミーで滑らかな口当たりが心地よく、あっという間に飲み干してしまいました。ハイボールに柑橘を加えるスタイルは一般的ですが、これはモルト自体が放つ柑橘感があるので、変に加えてしまうよりもこのままの方がバランスもよく、香ばしいモルティな味わいを楽しんだほうが良いと思います。バーボン樽原酒はやはりハイボールにとても良く会いますね!!やってくれたなニッカ(笑)

クリーミーで華やかさもあり、モルトの旨味にミントが絡んで飲みやすいハイボールです。ややビターな傾向ですが、このくらいの方が食事とも相性はバッチリ!!

まとめ

宮城峡蒸溜所限定シングルモルト「モルティ&ソフト」のレビューでした。

ニッカが販売するレギュラーラインナップの中で、使われている原酒の一部を感じられるのが「構成原酒シリーズ 宮城峡」です。そして、個人的にはこの「モルティ&ソフト」が最も好みの味わいでした。

「シェリー樽」熟成もエレガントさに満ちていて好きですが、飲み疲れてしまう傾向があります。そういった意味では、何種類かの飲み方で楽しみたい人や、ハイボールでよく飲む方にはバーボン樽熟成のモルトを選んだ方が良いかもしれません。

この「モルティ&ソフト」はクリーミーな滑らかさにライムやミントの清涼感が加わり、飲むたびにモルトの味わい深さが増していきます。ストレート、ロック、ハイボール、どの飲み方でも、モルトの香ばしい味わいが楽しめますので、3種類の中で迷ったら「モルティ&ソフト」をお試しいただくのが良いと思います。

ただし、カスクストレングスですので、強いアルコール度数であることを忘れないでください!まずは一口だけ試して、強すぎると感じたら水割りやロック、ハイボールで楽しんでみましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

テイスティングに使用しているグラス「ゲレンケアン」、クリスタル製なのに丈夫で倒れにくく洗いやすい!!しかも、安価という素晴らしいウイスキーグラス。

スポンサーリンク

コメント