記事内の蒸留所一覧

随時更新

スコットランドの蒸留所

ハイランド

アードモア蒸留所

出典:Whisky.com

アードモア蒸溜所は1898年にウィリアム・ティーチャーの息子アダムが、自らの会社のブレンドウイスキー「ティーチャーズ・ハイランドクリーム」のための原酒を確保するために設立された。アバディーンシャーのボギー川の東側、ケネスモント近郊にあり、この地周辺は大麦の産地であり、ピート、清冽な水の供給が容易で、鉄道の便もよく、ウイスキーづくりに最高の環境といえる。蒸溜所の守り神は鷲で「アードモア レガシー」のラベルには蒸溜所上空を悠々と舞う鷲の姿が描かれている。

所在地Ardmore Distillery, Kennethmont, Huntly AB54 4NH イギリス
操業開始1898年
公式HPアードモア(サントリーHP)
商品アードモアレガシーなど

アバフェルディ蒸留所

出典:Whisky.com

ハイランドのアバフェルディに建つ蒸留所で、創立は1898年。デュワーズで知られるジョンデュワーの故郷であり、デュワー家によって建てられた蒸留所。1900年代に一度閉鎖されるものの、ブレンデッドウイスキー「デュワーズ」の重要なキーモルトとして、安定した原酒供給を行っている。シングルモルトとしてリリースされている「アバフェルディ」は蒸留所近くを流れるピティリー川の仕込み水によって、ヘザーハニーと言われる甘くクリーミーな味わいが特徴で、ビギナーでも飲みやすい。

所在地Aberfeldy PH15 2EB イギリス
操業開始1898年
公式HP公式HP(バカルディジャパン)
商品アバフェルディ12年、アバフェルディ16年など

エドラダワー蒸留所

出典:Whisky.com

エドラダワー蒸留所はスコットランドのハイランドにある蒸留所で、創設は1825年地元の農民達によって建設された。現在でも当時の製法を頑なに守っており、フロアモルティングこそ行っていないものの、使用される道具や設備は当時のものを現在も使用している。

生産量はスコットランド最小規模で、一般的な蒸留所が1周間で生産する量をエドラダワー蒸留所では1年かけて生産する。シェリー樽熟成が主で、濃厚でワクシーな味わいのモルトは熱烈なファンを獲得している。

所在地Perthshire, Pitlochry PH16 5JP イギリス
操業開始1825年
公式HPエドラダワーHP
商品エドラダワー10年など

グレンカダム蒸留所

出典:Whisky.com

グレンカダム蒸溜所は、東ハイランドのブレヒンという古い町にあり、創業は1825年。ジョージ・クーパーによって設立されましが、創業されてわずか2年後には、デビッド・スコットにオーナーが変わりました。その後も、1837年からはギルキアへ、1891年にはトンプソンアンドカンパニーリミテッドへと度々所有物が変わっています。そして、20世紀に入った1954年には、ハイラム・ウォーカーがグレンカダム蒸留所を購入し、さらに2年後にはジョージ・バランタイン&サンによって購入されましたが、アライド・ドメクがに所有権が変わって、2000年になると蒸留所はとうとう閉鎖してしまいます。そこからわずか3年後には、現在のアンガス・ダンディ社が蒸留所を買収して復活させ、再び生産開始します。

グレンカダム蒸溜所は、度々オーナーが入れ替わる苦難に見舞われ続けてきた蒸留所でもあります。

所在地Smithfield Road, Brechin DD9 7PA イギリス
操業開始1825年
公式HPグレンカダム公式HP
商品グレンカダムオリジン、グレンカダム10年など

グレンドロナック蒸留所

出典:Whisky.com

グレンドロナックとはゲール語で『黒イチゴの谷』という意味ですが、発音からは「イバラの多い谷」という意味にも捉えられる為、ネーミングの由来に関しては諸説あります。蒸留所の最大の特徴はシェリー樽熟成のエキスパートで、スペインのアンダルシア地方最高級品のペドロヒメネス樽とオロロソシェリー樽の原酒を匠にブレンドして作られるフルーティーかつ、重厚な味わいが特徴です。また、スコットランドにおいて最後まで『石炭直火蒸留を行っていた蒸留所としても有名です。

所在地Forgue by, Huntly AB54 6DB イギリス
操業開始1826年
公式HPアサヒビール公式HP
商品グレンドロナック12年、18年、21年

グレンモーレンジィ蒸留所

出典:Whisky.com

グレンモーレンジィ蒸留所はゲール語で『大いなる静寂の谷間』という意味で立地しているテインの街にはその名の通り静かで落ち着いた雰囲気があります。蒸留所の特徴は『最も背の高いポットスチル』、『樽への強いこだわり』、『仕込み水が硬水』などが挙げられます。硬度190もあるミネラルを多く含んだ仕込み水を、背の高いポットスチルを使う事で生まれる純粋で香味高いニューポッド。原木からこだわり抜いて使用される熟成樽を用いて数々の賞を獲得したシングルモルトは作られます。

所在地Tain, IV19 1PZ
操業開始1843年
公式HPMHD K.K
商品オリジナル10年ラサンタ12年、キンタ・ルバン14年、ネクター・ドール、etc…

ダルウィニー蒸留所

出典:Whisky.com

ダルウィニー蒸留所は北ハイランドに位置し、標高326mの山岳地帯に立地している。年間の平均気温は6度と非常に冷涼な為に、熟成はゆっくりと進む。現在のオーナーはMHD社で、同社のクラシックモルトシリーズでは北ハイランド代表であり、スコットランド伝統の製法(オニオン型ポットスチル、ワームタブ方式の冷却機)にこだわり、非常に上品でハイランドの中では比較的落ち着いた印象の原酒を生み出している。ブレンデッドでは王室御用達の「ロイヤルハウスホールド」のキーモルトとして使用され、モルトファンの間では隠れた名品として語り継がれている通好みなモルト。

所在地General Wade’s Military Rd, Dalwhinnie PH19 1AA イギリス
操業開始1898年
公式HP公式ブランドサイト
商品ダルウィニー15年 etc

バルブレア蒸留所

素晴らしい立地と歴史に恵まれ、ケン・ローチ監督の映画「天使の分け前」のロケ地にもなった蒸溜所。そのウイスキーはかつて、バランタインの主要原酒として流通していたため、市場には出回りませんでした。ハイランド流のノンピートで、とてもフルーティーな味わいが特長。シングルモルトファンには根強い人気を誇る老舗蒸溜所です。バルブレア蒸溜所はたった8人のチームで運営されており、蒸溜設備もポットスチルが2基と小規模の生産にも関わらず、ラベル張りに至るまで、彼らの手で行われています。

所在地Dornoch, IV19 1LB イギリス
操業開始1790年
公式HP公式ブランドサイト
商品バルブレア12年、バルブレア15年、バルブレア18年

プルトニー蒸留所

1826年創業の最も古い蒸溜所の1つであるプルトニー蒸溜所は、スコットランド本土の北部、北海に面した漁港の町ウィックにあり、「海のモルト」の故郷として愛されています。プルトニー蒸溜所のポットスチルは一風変わっており、ネックの先端が途中で切れています。これは、蒸溜所の建設の折、スチル納品の時になって初めて、先端が蒸溜所の天井より背が高いことがわかり仕方なくネックを途中で切り、ラインアームをつなげる形となったというエピソードがあります。偶然ながら、これがオールドプルトニーの軽やか且つボディのある酒質を生み出すに至りました。

所在地Wick, KW1 5HE
操業開始1826年
公式HP公式HP
商品オールドプルトニー12年、オールドプルトニーハダード、オールドプルトニー15年

ロイヤルブラックラ蒸留所

1812年、スコットランドの北ハイランドに位置するコーダー城の領地で、ウィリアム・フレイザー英国大尉によって創業された蒸溜所です。『ロイヤル』ブラックラは1835年、ウィリアム4世によって英王室御用達に認定され、スコットランド最古の蒸溜所のひとつとして知られています。長い間閉鎖と再開を繰り返し、1991年に本格的に再稼働しました。1997年にはディアジオが大改修を行いましたが、翌年、デュワーズブランドがバカルディ社に売却され、ロイヤル・ブラックラ蒸溜所もバカルディ社の所有となりました。2015年からは公式のボトルが販売されており、日本市場ではかつては12年、16年、21年の商品が販売されていましたが、現在は12年熟成のみが数量限定で入手可能です。

所在地イギリス 〒IV12 5QY NairnCawdor
操業開始1812年
商品ロイヤルブラックラ16年

ロイヤルロッホナガー蒸留所

出典:Whisky.com

ロイヤルロッホナガー蒸留所は1845年にジョン・ベッグによって建設された蒸留所で、ディー川のほとり建つ。「ロイヤル」つまり「王室御用達」の称号を与えられた蒸留所で1848年にヴィクトリア女王とアルバート公から称号を与えられ「ロッホナガー蒸留所」から「ロイヤルロッホナガー蒸留所」に。「ジョニーウォーカーブルーラベル」、「VAT69」のキーモルトとして使用され、ハチミツやトーストを感じる優しい味わいは品格さえ感じる。近年は「モスカテルフィニッシュ」のリリースなど精力的にシングルモルトをリリースしている。

所在地Crathie, Balmoral, Ballater AB35 5TB イギリス
操業開始1845年
商品ロイヤルロッホナガー12年

スペイサイド

オスロスク蒸留所

出典:Whisky.com

オスロスク蒸留所はスペイサイドにあるディアジオが所有する蒸留所。主にブレンデッドウイスキー「J&B」のキーモルトとして原酒供給を行っている。現在はオフィシャルボトルは存在せず、ディアジオからリリースされている「花と動物シリーズ」、もしくはボトラーズにて味わいを確かめることが可能。尚、オスロスク蒸留所はドライ・ジンの名門「ゴードン」の第二蒸留所としても役割も担っており、メインの蒸留所に何かあればすぐにジンを生産できる体制がとられている珍しい蒸留所である。

所在地Mulben, マルベン Auchroisk AB55 6XS イギリス
操業開始1974年
商品ディアジオリリース「花と動物シリーズ」、ボトラーズリリースも多数

オルトモア蒸留所

1897年に誕生したオルトモア蒸留所、オルトモアとは「Aultmore(大きな小川)」という意味で、その周囲に流れるオーヒンデラン川に由来すると言われています。長らくジョン・デュワー&サンズ社によって運営されてきましたが、1998年にはバカルディ社の傘下に入り、現在に至ります。

生産される原酒のほとんどがブレンデッド用に供給され、シングルモルトとしてリリースされるものは全体のごく一部。近年のウイスキーブームによって再び注目され始めた蒸留所の一つです。

所在地Aultmore, オルトモア Keith AB55 6QY イギリス
操業開始1897年
公式HPオルトモア公式HP
商品オルトモア12年

カーデュ蒸留所

出典:Whisky.com

カーデュ蒸溜所は、スコットランドの北東に位置するスペイサイド地方のスペイ川中流にあるノッカンドゥ村にあります。蒸留所の名前「Cardhu(カーデュ)」はゲール語で、「黒い岩」を意味し年間を通して気温差が少ない穏やかな土地で,リリースされるボトルは華やかな甘さと、辛口でスパイシーなフィニッシュが特徴です。これぞスペイサイドと思わせるシングルモルトを今もリリースし続けています。

所在地Knockando, Aberlour AB38 7RY イギリス
操業開始1811年
商品カーデュ12年、カーデュ15年、カーデュアンバーロック18年

グレンエルギン蒸留所

出典:Whisky.com

グレンエルギン蒸留所はスペイサイド地域において19世紀最後に設立された蒸留所でした。建設に至っては創業年の1898年にウイスキー商社のパティソンズ社が倒産した為に、大幅な予定変更を余儀なくされ操業開始から5ヶ月で操業停止に追い込まれるなど波乱の幕開けでした。現在はオーナーMHD社によって運営がなされ、ブレンデッドウイスキー「ホワイトホース」のキーモルトとして安定供給をしているほか、シングルモルトとしても近年じわじわと人気が出てきており、高品質のモルトを作り出す人気の蒸留所です。

所在地イギリス 〒IV30 8SL, Longmorn, Glen Elgin Rd, Glen Elgin Distillery
操業開始1898年
公式HPグレンエルギン公式HP(ディアジオ)
商品グレンエルギン12年 etc

グレングラント蒸留所

出典:Whisky.com

グレングラント蒸留所はグラント兄弟によって1840年に創設されました。グラント兄弟の兄ジェームズグラントは政治家・法律家と優れ、初めて鉄道をスコットランドに敷いてシングルモルトを世界に向けて売り出したり、蒸留所においては電化や魅せる蒸留所という今では珍しくないスタイルを初めて行った蒸留所としても有名です。また、イタリアのカンパリが親会社ということもありイタリアにおいて最も売れているシングルモルトとしても今日一躍有名になりました。

所在地Road, Glen Grant Distillery Elgin, Rothes, Aberlour AB38 7BS イギリス
操業開始1840年
公式HPグレングラントHP(カンパリ)
商品アラボラリス、10年、12年、15年、18年

グレンデュラン蒸留所

出典:Whisky.com

グレンデュラン蒸留所はスコットランド北東部にある第3の都市、アバディーンのウィリアムズ&サンズ社が1898年に創業しました。グレンダランとは、「ダラン川の谷」の事ですが、蒸留所はその名前とは裏腹に、ダラン川ではなく、フィディック川沿いに建てられています。オフィシャルとしてのシングルモルトのリリースは稀で、主にボトラーズからのリリースが中心です。しかし、有名なブレンデッドウイスキー『オールドパー』のキーモルトとして重要な役割を担っています。

所在地Dufftown, Keith AB55 4DJ イギリス
操業開始1898年
商品シングルトン オヴ グレンデュラン

グレンファークラス蒸留所

出典:Whisky.com

グレンファークラス蒸留所はスコットランドのスペイサイドにあり、現在では珍しい創業当初からの家族経営によって運営がされている。近くのベンリネス山の雪解け水を仕込み水とし、スペイサイド最大級のポットスチルは合計6基、今でも非常に手間のかかるガスによる直火蒸留にこだわり日々新しいモルトが造られている。熟成に使用される樽は「オロロソシェリー」の空き樽を使い、シェリー樽熟成のシングルモルトにおいては「マッカラン」、「グレンドロナック」と同じく筆頭に名前が挙がる。

所在地イギリス 〒AB37 9BD Ballindalloch
操業開始1836年
公式HPミリオン商事
商品グレンファークラス12年グレンファークラス105ヘリテージなど

グレンフィディック蒸留所

出典:Whisky.com

『グレンフィディック』はゲール語で『鹿の谷』という意味で、ロゴにも鹿があしらわれています。またシングルモルトの販売数が世界一になることもしばしばで、同じくスペイサイドのグレンリベット蒸留所と販売数を競い合っています。販売数が多いと機械的な感じが多いのでは!?と思うかもしれませんが、人間の感覚を大切にし、ホワイトボードなどを駆使して原酒を作り続けているのは意外かもしれません。同じスペイサイドのマッカラン蒸留所とは対象的な製法を今でも続けています。

所在地Dufftown, AB55 4DH
操業開始1887年
公式HPGlenfiddich Whisky
商品グレンフィディック12年15年ソレラリザーヴ、18年スモールバッチリザーブ

グレンリベット蒸留所

出典:Whisky.com

グレンリベット蒸留所はスペイサイドにあり、政府公認の蒸溜所第1号としてウイスキー造りのライセンス、『THE』の称号を最初につけた蒸留所です。それまで、政府の重い麦芽税を逃れるため密造が盛んだった時代に粗悪な物が横行する中、グレンリベットの製造するウイスキーは味わいも良く好評で、他の蒸留所が勝手に『グレンリベット』の名をつけて販売していました。大切に作る自社のウイスキーの名を汚す悪行に対して、創設者のジョージ・スミスは本物のグレンリベットの証明として自社のボトルに『THE』の称号を付けることを政府によって許可されたのです。創設者のスピリットは受け継がれ、現在においても魅力ある素晴らしい原酒を作り続けています。

所在地Ballindalloch, AB37 9DB
操業開始1824年
公式HPザ・グレンリベット
商品12年、15年、18年、ナデューラ、etc

ストラスアイラ蒸留所

出店:Whisky.com

ストラスアイラ蒸留所は創設1786年。スペイサイド地方、ストラスアイラ川の側に『ジョージ・テイラー』と『アレグザンダー・ミルン』の2人によって創設されました。幾度となく変わる所有者、2度の火災、50年間という非稼働期間を経て現在の所有者『シーバスブラザーズ社』によって復活を果たし、同社のブレンデッドウイスキー『シーバスリーガル』のキーモルトとして現在も供給を行っています。

川沿いの側にあり、その美しい景観からスコットランド最高の景観を誇る蒸溜所のひとつと呼ばれています。

所在地Seafield Ave, Keith AB55 5BS イギリス
操業開始1786年
公式HPシーバスリーガルHP
商品ストラスアイラ12年

スペイバーン蒸留所

スペイバーン蒸溜所は、1897年に創立されました。
この年は、ヴィクトリア女王の在位60周年を祝う”ダイヤモンド・ジュビリー”にあたり、それを記念するために窓もドアも完成していない蒸溜所で、吹きさらしの中作業が行われ、猛吹雪の日、最初のスピリッツが完成しました。1900年にドラム式モルティングを最初に導入した蒸溜所としても知られ、現在は使われていませんが歴史的価値がある為今も保存されています。

所在地Rothes, AB38 7AG イギリス
操業開始1897年
公式HP公式ブランドサイト
商品スペイバーン10年、スペイバーン15年、スパイバーン18年

トミントール蒸留所

出典:Whisky.com

トミントール蒸溜所は比較的新しい蒸留所で設立されたのは1964年。スペイ川の支流、エイボン川近くにあるトミントール村に建設されました。ハイランド地方では最も標高が高い地域として知られています。1970年代にホワイト&マッカイグループが買収。トミントールはブレンデッドウイスキー「ホワイト&マッカイ」のキーモルトとして使われるようになり、2000年にはロンドンのブレンダー「アンガス・ダンディー社」に買収され傘下となり、現在に至ります。

所在地Tomintoul, Ballindalloch AB37 9AQ イギリス
操業開始1964年
公式HP
商品トミントール10年、12年、16年など

ノックドゥー蒸留所

1894年創業。100年以上も変わらない伝統製法を守り抜いているハイランドの老舗蒸留所。

ポットスチルの数は一対のみと、ハイランドで最も小さい蒸溜所の一つでスコットランドでも指折りのシングルモルトウイスキーを造り続けている。名前が似ていて混同される銘柄も多かった為に、1993年から銘柄を「アンノック」として販売。オフィシャルラインナップが充実しており、限定ボトルも多くリリースしています。職人の伝統技が冴える、ハイランドモルトの名高い蒸溜所。

所在地Knock, AB54 7LJ イギリス
操業開始1894年
公式HP公式ブランドサイト
商品アンノック12年、アンノック18年、アンノック22年

ベンリネス蒸留所

ベンリネス蒸留所はスペイサイドにある蒸留所で、オーナーはジョニーウォーカーで有名なディアジオ社。主にジョニーウォーカーへの原酒供給を行う蒸留所の為、オフィシャルボトルはディアジオ社がリリースする「花と動物シリーズ」のみで、シングルモルトを味わうためには必然的にボトラーズが中心となる。発酵や蒸留の時間が極端に短く、ヘビーな酒質が特徴だが全てはジョニーウォーカーの味わいを造る為である。

所在地Aberlour, AB38 9NN
操業開始1834年
公式HP無し
商品「花と動物シリーズ」、各社ボトラーズによるリリース

マッカラン蒸留所

出典:サントリーHPより

マッカラン蒸溜所の創業は1824年。政府公認のライセンスを取得した蒸溜所としては2番目になる。非常に長い歴史を持ち、現在の蒸留所は他に類を見ない近代的な造りとなっている。糖化から蒸留までの工程を1つの空間で一括に行い、デザイン性に優れた蒸溜所内はまるで美術館の様な佇まいをしている。肝心のリリースされるモルトは現在も高品質な物ばかりで、マッカランは原料から製造に到るまで徹底した品質管理を行っている。特に樽に関してのこだわりは非常に強く、樽の原料となる原木を確保する為に森を所有し、全て自社での生産を行っている。

所在地Easter Elchies, イースター・エルチーズ Aberlour AB38 9RX イギリス
操業開始1824年
公式HPザ・マッカランHP(サントリー)
商品シェリーオーク12年ダブルカスク12年トリプルカスク12年

キャンベルタウン

ローランド

グレンキンチー蒸留所

出典:Planet Whiskies

グレンキンチー蒸留所の創業は1837年、地元の農家である「レイト兄弟」によって設立された。農家であるレイト兄弟は、自身の畑で収穫した大麦でウイスキー造りを行う事を思いつき、いわば副業としての蒸留所であった。しかし、蒸留所から出る廃棄物(麦芽の絞りカス)を家畜の餌にするなど、当時からサスティナブルな事業となっていた。現在のオーナーはディアジオ社で生産される原酒の90%はジョニーウォーカーなどのブレンデッド用に供給を行っている。また、年間250万リットルの生産量をたった2つの蒸留釜が支えており、非常に大きいポットスチルはグレンキンチーの特徴の一つである。

所在地Pencaitland, Tranent EH34 5ET イギリス
操業開始1837年
公式HPグレンキンチー(ディアジオHP)
商品グレンキンチー12年(10年)など

アイラ

アードベッグ蒸留所

出典: Whisky.com

アードベッグとは、ゲール語で「小さな岬」という意味。創業は1815年。創業から約100年くらいは、創業者ジョン・マクドーガルの家系によって運営されてきましたが、その後に何度もオーナーが代わり、80年代には遂に生産がストップし、一時閉鎖されていました。しかし、1997年にグレンモーレンジィ社によって買収され見事に復活を果たし、現在に至るまで熱狂的なファンであるアードベギャン達や世界中のウイスキーラヴァーを魅了し続けています。

所在地Port Ellen, Islay PA42 7EA イギリス
操業開始1815年
公式HPアードベッグ公式HP
商品アードベッグTENアードベッグウィービースティー5年、ウーガダール、 etc

カリラ蒸留所

出典: Whisky.com

カリラ蒸溜所はアイラ島の西側、ジュラ島との海峡に立地している。「カリラ」とは「海峡」という意味で、現在アイラ島内の蒸溜所の中でも最大の生産量を誇る。長らくブレンデッドウイスキーの原酒供給専門に生産をしてきたが、2002年より、シングルモルトとしてのオフィシャルリリースを開始。アイラモルトとしては、比較的クセの少ない酒質で華やかさの中にアイラならではの潮の香りとヨードを感じる。親会社であるディアジオが販売する「ジョニーウォーカー」のキーモルトとしてなくてはならない存在だ。

所在地Port Askaig, ポート・アスケーグ Isle of Islay PA46 7RL イギリス
操業開始1846年
公式HPカリラ公式HP(MHD)
商品カリラ12年ボトラーズetc

キルホーマン蒸留所

キルホーマン蒸留所は2005年に誕生した蒸留所で、それまでアイラ島では124年間渡り新しい蒸留所は建設されてこなかった。この蒸留所の特筆すべき部分は100%アイラ産を掲げており、これは原料の大麦栽培から最終的な瓶詰めまでの全工程を可能としているところにある。

また、造られる原酒はミドルカットの時間を短縮して熟成を早める効果を行ったりなどし、短年の原酒であってもリッチな味わいを持っており、若い蒸留所ながら同じアイラ島の蒸留所たちと肩を並べるほど存在感を増しているのも面白い。

所在地イギリス 〒PA49 7UX Isle of Islay
操業開始2005年
公式HPウィスク・イーHP
商品マキヤーベイ、サナエグ etc

スカラバス蒸留所

※写真はイメージです

スカラバス蒸留所はアイラ島に1818年に創業した蒸留所。創業からわずか1年で廃業となってしまったスコットランドで最も短命の蒸留所として有名。スカラバスとは、「岩の多い場所」という意味で、過去に存在したアイラ島の秘境には現在、「スカラバス農園」がある。

廃業から200年が経ち、ハンターレイン社より同じ名前のシークレットモルト「スカラバス」が販売された。

ブルックラディ蒸留所

出典:Whisky.com

ブルックラディ蒸留所の創設は1881年。ウイスキー不況により一時は閉鎖されるものの、2001年に新オーナーによって再稼働。特徴的なアクアマリンのボトルカラーは、アイラ島の入り江をイメージしたものでシングルモルトの既成概念にとらわれず、常に新しい事への挑戦とウイスキー業界では最も早く「テロワール」を導入した蒸留所でもある。毎年発売されるスーパーピーティーモルト「オクトモア」のフェノール値は既存のシングルモルトの値を遥かに超えた強烈なインパクトをもたらしている。

所在地Bruichladdich, Distillery, Isle of Islay PA49 7UN イギリス
操業開始1881年
公式HPブルックラディ公式HP
商品クラシックラディ、ポートシャーロット、オクトモア13.1 etc

ボウモア蒸留所

出典:whisky.com

ボウモア蒸留所は『スコッチウイスキーの聖地』とも言うべきアイラ島で最も歴史のある蒸留所で1779年設立。対岸にあるウェアハウスには潮風が容赦なく吹付け、これが独特のヨードをもたらすと言われています。また、造られるウイスキーは甘やかな味わいが特徴で「アイラの女王」と称され親しまれています。

所在地School St, Bowmore, Isle of Islay PA43 7JS イギリス
操業開始1779年
公式HPサントリーHP
商品ボウモア 12年ボウモア No.1、ダーケストボウモア 18年 etc

ラガヴーリン蒸留所

出典:Whisky.com

ラガヴーリン蒸留所は、ウイスキーにおいて『聖地』とも呼ばれるアイラ島の南岸に位置しています。「ラガヴーリン」は、蒸留所が建っている村の名前で、「Lagavulin」はゲール語の“Laggan Mhouillin”(谷間の水車小屋)から来たもので、「小さな谷間の、水車小屋を囲む村落」に由来しています。ラガヴーリン村には、名前の由来となった2つの水車小屋の碾き臼の石が、今も現存しています。

所在地Lagavulin, PA42 7DZ
操業開始1816年
公式HPMHD モエ ヘネシー ディアジオ
商品ラガヴーリン16年8年、etc

ラフロイグ蒸留所

出典:Whisky.com

ラフロイグ蒸留所はスコッチウイスキーの聖地アイラ島にあり、ラフロイグとはゲール語で”広い湾のそばの美しい窪地”という意味ですが、根拠不明なものが多く諸説あります。ラフロイグの特徴としてヨードチンキの様な独特の香りや、舌にまとわりつく様なオイリーさを兼ね備えており、個性、味わいの全てがヘビーなウイスキー。「好きになるか、嫌いになるか」という強烈なキャッチコピーは伊達ではありません。しかし、その個性故に惹かれるファンも非常に多くイギリスのチャールズ皇太子もその一人です。蒸留所としてプリンス・オブ・ウェールズの紋章、王室御用達の証をシングルモルトとして初めて得た蒸留所でもあり、伝統は今も受け継がれています。

所在地Laphroaig, Isle of Islay PA42 7DU
操業開始1815年
公式HPサントリー公式HP
商品ラフロイグ10年ラフロイグセレクトラフロイグクォーターカスク、LORE

アイランズ

タリスカー蒸留所

出典:Whisky.com

スカイ島にあるタリスカー蒸溜所は1830年に創業。岩盤の多い土壌により長年水不足に悩まされてきた。しかし、近年海水による冷却装置の導入により、生産量が大幅に増大。所有するディアジオ社のシングルモルト部門では売上高1位の販売を誇っている。

造られるモルトはスカイ島の厳しい環境と海風によって潮気を含み、アイラモルトとはまた違った海を感じれるスパイシーな味わいが特徴。オフィシャルが提案するブラックペッパーを振り掛けた「スパイシーハイボール」はハイボールの新しい可能性を提示している。

所在地Carbost, カーボスト Isle of Skye IV47 8SR イギリス
操業開始1830年
公式HP公式HP
商品 タリスカー10年 etc

トラベイグ蒸留所

出典:Whisky.com

トラベイグ蒸留所はスカイ島第二の蒸留所として、2017年に誕生した新しい蒸留所。それまでスカイ島にはタリスカー蒸留所のみで、実に190年ぶりに新たな蒸留所が誕生したことになる。

造られるウイスキーはシングルモルトのみで、ピートの効いたピーテッド麦芽のみを使用するという徹底ぶり。2022年に初リリースとなる「トラベイグ レガシーシリーズ 2017」を発売。1stバーボン樽で3年熟成というスペックながら、若さを感じない素晴らしい味わいにより好評を得ている。今後も行く末が楽しみな蒸留所の一つである。

所在地Teangue, ティーング Isle of Skye IV44 8RE イギリス
操業開始2017年
公式HPトラベイグ蒸留所
商品トラベイグ レガシーシリーズ 2017

ハイランドパーク蒸留所

出典:Whisky.com

ハイランド・パーク蒸溜所はスコットランド最北の蒸留所で、現在でも独自で製麦を行っている数少ない蒸留所で乾燥に使用するピートは蒸留所の西10㎞ほどのピートボグから掘り出しています。しかしオークニーには木がないため、本土やアイラ島とは異なる質のピートになっているのが特徴です。また、スコットランドでも数少ないフロアモルティングを現在でも行っています。現行のボトルデザインは、ヴァイキング文化の特徴を反映させていてスタンダードな12年では、ノルウェーにある世界遺産「ウルネスの木造教会」の壁面装飾、ライオンとヘビのようなドラゴンとの善悪の戦いをモチーフにしています。

所在地Kirkwall, KW15 1SU
操業開始1795年
公式HPSANYO CO.,LTD.
商品 ハイランドパーク12年ヴァイキング・オナー、ハイランドパーク18年ヴァイキング・プライド

ロックランザ蒸留所(アランモルト)

出典:Whisky.com

ロックランザ蒸留所は、キャンベルタウンの対岸に位置するアラン島にあり、かつてはこの島には50を超える蒸留所が存在した。1990年代に、現在のクラウドファンディングに近い形での資金調達により150年ぶりにアラン島に蒸留所が復活し大きな話題を生んだ。創設からしばらくは「アイル・オブ・アラン」と名乗っていたが、同社の第二蒸留所となる「ラッグ蒸留所」の創設に伴い改名し現在に至る。

造られるモルトはシングルモルトのみで、アラン島の豊かな自然のもと育まれた良質な味わいのウイスキーはファンも非常に多く、今後も目が離せない蒸留所の1つである。

所在地Lochranza, ロックランザ Isle of Arran KA27 8HJ イギリス
操業開始1995年
公式HPオフィシャルHP(ウイスク・イー)
商品アランモルト10年、アランモルトバレルリザーブ

アイルランド

クーリー蒸留所(カネマラ)

アイルランド共和国の首都ダブリンから北へ車で1時間半程度の距離の街ダンドーク近郊にある「クーリー蒸留所」。目の前のアイリッシュ海を船で渡ればビートルズで有名なリバプールへ着く。この蒸留所は創設者ジョン・ティーリングによってジャガイモの蒸留酒から転換して出来た歴史がある。

ディーリング氏の拘りであるスコッチウイスキーの技法によって、アイリッシュウイスキーながら蒸留回数は2回、精麦の際にはピートを使用するなど「アイリッシュの異端児」とも呼ばれている個性豊かなモルト原酒を生産している。

所在地Dundalk Rd, Maddox Garden, Dundalk, Co. Louth, アイルランド
操業開始1987年
公式HPオフィシャルHP(サントリー)
商品カネマラオリジナルピーテッドシングルモルト、オリジナル12年

新ミドルトン蒸留所(ジェムソン)

出典:irishwhiskeyacademy.com

コーク州のミドルトンにある『新ミドルトン蒸留所』。このミドルトン蒸留所は年間7000万リットルの生産量を誇り、容量8万リットルの巨大なポットスチルが10基、グレーンウイスキー用のコラムスチルが7基稼働しています。この蒸留所もアイリッシュウイスキーの特徴でもある3回蒸留を行い、ジェムソンをはじめ、レッドブレストなどアイリッシュウイスキーを代表する銘柄をリリースし続けています。

所在地Midleton Distillery, Midleton, Co. Cork, アイルランド
操業開始1975年
公式HPジェムソンウイスキー
商品スタンダード、スタウトエディション、ブラックバレル、ボウ・ストリート18年

ロイヤルオーク蒸留所(バスカー)

出典:Whisky.com

アメリカの蒸留所

ケンタッキー州

アーリータイムズ蒸留所

出典:Whisky.com

アーリータイムズは、アメリカのケンタッキー州で1860年に誕生しました。昔ながらの製法でウイスキーを造るという信念のもと「アーリータイムズ蒸留所」と名付けられましたが、現在はダウンタウン蒸溜製造所にてブラウン・フォーマン社がブランドを所有し、アサヒビールによって販売されています。アーリータイムズという名前には誕生当初のアメリカを象徴する「開拓時代」の意味も含まれておりフロンティア精神への想いが込められているそうです。

所在地626 W Main St #200, Louisville, KY 40202 アメリカ合衆国
操業開始1860年
公式HP
商品アーリータイムズイエローラベル

フォアローゼス蒸留所

出典:Whisky.com

フォアローゼス蒸溜所はアメリカ合衆国のケンタッキー州のローレンスバーグという所にあります。一際目を引く4本の赤いバラの由来は創設者のポール・ジョンズjr.は一人の女性に一目惚れをし、すぐさまプロポーズしました。彼女は「プロポーズをお受けするなら、次の舞踏会で薔薇のコサージュをつけてまいります」と言い残し、約束の舞踏会に4輪の薔薇の花を胸につけ現れました。見事に彼の恋は実り、そのエピソードから「FourRoses(4輪の薔薇)」と名付けられたというなんとも素敵な由来があります。

所在地1224 Bonds Mill Rd, Lawrenceburg, KY 40342 アメリカ合衆国
操業開始1888年
公式HPキリンビール
商品フォアローゼス、フォアローゼスブラック、フォアローゼスプラチナ、etc…

ラックスロウ蒸留所

出典:Whisky.com

準備中

ワイルドターキー蒸留所

出典:Whisky.com

ワイルドターキーは、リッピ―兄弟が1869年にケンタッキー州ローレンスバーグに建てた家族経営の蒸留所が始まりです。代々一族による家族経営が行われ、1893年にリッピー蒸溜所のバーボンがイリノイ州シカゴで開かれたワールドフェアでケンタッキー州代表に選ばれ一躍評判になります。その後、蒸留所のオーナーが何度か入れ替わり20世紀に入って、1940年に当時蒸溜所のオーナー、トーマス・マッカーシーの趣味である「七面鳥狩り」に由来し「ワイルドターキー」という商品名が付けられるようになりました。以後、ケンタッキーを代表するバーボンとして、歴代アメリカ大統領にも愛されるプレミアムバーボンをリリースし続けています。

所在地1525 Tyrone Rd, Lawrenceburg, KY 40342 アメリカ合衆国
操業開始1869年
公式HPワイルドターキー
商品ワイルドターキー、ワイルドターキー8年、ワイルドターキーRYE、など

テネシー州

ジャックダニエル蒸留所

出典:Whisky.com

ジャックダニエル蒸留所はアメリカで最も売れているウイスキーを製造する蒸留所です。一般的にバーボンウイスキーと思われがちですが、ジャックダニエルはテネシーウイスキーに属します。理由として、作られているのがケンタッキー州ではないこと、製法の一部にサトウカエデの炭濾過を施すことなどが挙げられます。消費量でアメリカが1位であることは予想がつきますが、2位はなんとイギリスなのです。

所在地133 Lynchburg Hwy, Lynchburg, TN 37352 アメリカ合衆国
操業開始1866年
公式HPジャックダニエル
商品ジャックダニエルブラック(Old No.7)、ジェントルマンジャックなど 

カナダの蒸留所

ハイラム・ウォーカー蒸留所(カナディアンクラブ)

ハイラム・ウォーカー蒸留所はカナダのオンタリオ州ウィンザーにあり、カナディアンウイスキーの代名詞「カナディアンクラブ」を製造している蒸留所。この蒸留所の特徴は材料によって3つの原酒を作り分け、原酒同士を樽熟成する前にブレンドする「プレ・ブレンディング」を行っているのが特徴的。熟成前にブレンドすることによって掛け合わせた原酒がよく馴染みマイルドな口当たりになり、カナディアンウイスキー特有のライトでスムースなウイスキーが出来上がる。

所在地8XGR+8M ウィンザー, カナダ オンタリオ
操業開始1858年
公式HPカナディアンクラブ(サントリー公式HP)
商品カナディアンクラブ、ブラックラベル、クラシック12年など

日本の蒸留所

山崎蒸留所(サントリー)

出店:サントリーHP

1923年日本初のウイスキー蒸留所。

寿屋(現・サントリー)の創業者 鳥井伸治郎の「日本人の繊細な味覚にあった、 日本のウイスキーをつくりたい」という熱い想いから、ウィスキーづくりにおいて重要な“良質な水”と“自然環境”にこだわり、数ある候補地の中からこの山崎の地が選ばれました。当時、山崎蒸留所の建設にあたっては、スコッチウイスキーの本場スコットランドでウイスキー製造を学んだ竹鶴政孝を招聘し、初代・山崎蒸留所長に任命しました。これが日本のウイスキーのエポックメイキングと呼べる歴史の始まりとなったのです。

所在地〒618-0001 大阪府三島郡島本町山崎5丁目2−1
アクセスJR西日本東海道本線(京都線)山崎駅 徒歩7分
阪急電鉄京都本線大山崎駅 徒歩10分
操業開始1923年
公式HPサントリー山崎蒸留所
見学一般見学可
商品サントリー山崎NA、12年、18年、25年

白州蒸留所(サントリー)

出典:サントリーHP

サントリーが山崎蒸溜所とは異なるタイプのモルトウィスキー原酒を求め、ウイスキーの仕込みに最適な水を探し求めた結果、日本有数の名水地である“白州”の地に出会います。日本で初めてウイスキーが造られてからちょうど50年を迎えた1973年、サントリー第2のウィスキー蒸溜所「白州蒸留所」が操業しました。この蒸留所は世界でも珍しい森林の中にあり『森の蒸留所』と呼ばれています。また、原酒の製造工程においても、他に類を見ない多種多様な工夫が施されており、その原酒達が今も貯蔵庫の中でゆっくりと森林の空気に包まれながら眠っています。

所在地〒408-0316 山梨県北杜市白州町鳥原2913-1
アクセス中央本線韮崎駅より下教来石下行きバスに乗り、「松原上」バス停下車(1日数本)。
中央本線小淵沢駅よりタクシー15分。
中央本線小淵沢駅よりシャトルバス20分(期間限定)。
操業開始1973年
公式HPサントリー白州蒸留所
見学一般見学可
商品サントリー白州NA、12年、18年、25年

知多蒸留所(サントリー)

出典:サントリー知多蒸留所株式会社

サントリーが所有する3つの蒸留所のひとつで伊勢湾に臨む知多半島にあります。

1973年に創業を開始して以降、様々なグレーン原酒の製造を続けておりその原酒は世界的に評価の高い『響』をはじめ、『角』などの製品にブレンドされ、サントリー山崎蒸溜所・白州蒸溜所で生まれたモルト原酒の個性を引き立て、より滑らかな口当たりをもたらしています。

所在地〒478-0046 愛知県知多市北浜町16番地
操業開始1973年
公式HPサントリー知多蒸留所
見学一般見学不可
商品サントリー知多

秩父蒸留所(ベンチャーウイスキー)

出典:whisky.com

自然豊かで、創業者の故郷でもある埼玉県秩父市にある「秩父蒸留所」。今では「イチローズモルト」など世界でも数々の賞を獲得するジャパニーズクラフトウイスキーの先駆けとして、2008年に肥土伊知郎氏によって創業されました。秩父蒸留所の特徴として、発酵槽に木材(ミズナラ)を用いた木桶であることが挙げられます。金属などに比べて風味豊かな醪を造ることが出来る木桶での発酵。そして、蒸留においても蒸気を直接醪に当てる「直接蒸留」を行っている点も他の蒸留所との差別化をする大きな要因です。

所在地〒368-0067 埼玉県秩父市みどりが丘49
操業開始2007年
公式HPChichibu Distillery Facebookページ
見学プロ向けのみ。一般見学は行っておりません。
商品イチローズ”モルト&グレーン”ホワイトラベル、リーフシリーズ

宮城峡蒸留所(ニッカウヰスキー)

出典:ニッカウイスキーHP

ニッカウヰスキーが所有する第二蒸留所。北海道の海沿いに立地し世界でも珍しい『石炭直火蒸留』にこだわり続ける余市とは対象的に、山間の清流近くに建ち蒸留もスチーム式でゆっくりと華やかなモルトの製造に特化している。工場内には古典的なカフェ式連続蒸留塔もあり、竹鶴氏のこだわりを今も受け継いでいる。

所在地〒989-3433
宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地
アクセス<電車>
JR仙台駅からJR仙山線作並駅まで(1時間に1本):約40分
<無料シャトルバス>
土・日・祝日は、JR作並駅から宮城峡蒸溜所行きのシャトルバスが運行(往復)※片道所要時間約7分
<バス>
仙台駅前より作並温泉行き(市営バス)「ニッカ橋」下車 ※所要時間:約60分
操業開始1969年
公式HPニッカウヰスキー 宮城峡蒸留所
見学一般見学可
商品シングルモルト宮城峡

桜尾蒸溜所(株式会社サクラオブルワリーアンドディスティラリー)

出展:桜尾蒸留所HP

桜尾蒸留所は、広島県廿日市市桜尾にあるクラフトウイスキー蒸留所。運営は「株式会社サクラオブルワリーアンドディスティラリー」が行っており、前身は1918年に創業した「中国醸造株式会社」という甲類焼酎を主に扱っていた。

ウイスキー事業への参入は早く1938年から行っており、バブル期に一旦撤退をしたものの2018年には桜尾蒸留所を稼働させている。蒸留所の近くには安芸の宮地があり、瀬戸内の潮風に育まれながら熟成するウイスキーは個性豊かな味わいを奏でている。

同社が販売するウイスキーには「戸河内」というブランドもあり、これは以前に蒸留した原酒を使ったブレンデッドウイスキーや、廃線となったトンネルを熟成庫として使用している原酒を使ったウイスキーである。

所在地〒738-8602 広島県廿日市市桜尾一丁目12番1号
アクセス(1)(JR)山陽本線廿日市駅から南へ徒歩10分
(2)(私鉄)広島電鉄宮島線 広電廿日市駅から南へ徒歩8分
操業始2018年1月
公式HP桜尾蒸溜所HP
見学見学可
商品シングルモルトジャパニーズウイスキー桜尾、戸河内

三郎丸蒸留所(若鶴酒造)

出典:若鶴酒造HP

三郎丸蒸留所は富山県砺波市三郎丸にあるクラフトウイスキーの蒸留所。運営する「若鶴酒造」は1952年より地ウイスキーの製造を行っており、全国的に目にする機会のある銘柄「サンシャインウイスキー」を販売している。

近年のウイスキーブームにより注目を集めている蒸留所ではあるが、2016年の大幅改装によって新調されたポットスチルは世界初となる鋳造製のポットスチルで、一般的なポットスチルよりも耐久性や保温性に優れ、円柱の胴部分を足すことにより容量を変える事の出来る革新的な物になっている。

現在は、スモーキーな原酒造りに注力しながらも今後リリースされるシングルモルトに世界中が注目をしている。

所在地〒939-1308 富山県砺波市三郎丸208
アクセス駐車場:普通車15台
※大型バスに関しては、事前にご相談ください。
電車でお越しの場合:北陸新幹線 新高岡駅よりJR城端線にて油田(あぶらでん)駅下車、徒歩1分
操業始1952年
公式HP三郎丸蒸溜所(若鶴酒造株式会社)
見学見学可。
商品富山スモーキーハイボールFAR EAST OF PEAT 5TH BATCH

マルス駒ヶ岳蒸留所(旧:マルス信州蒸溜所)

「マルス信州蒸留所」は良質な水と豊かな自然に囲まれた中央アルプス山系駒ヶ岳の麓に位置し、日本の風土を生かしたウイスキー造り取り組んでいる。前身となる「マルス山梨ワイナリー」から始まるウイスキー造りは日本ウイスキーの父でもある「竹鶴政孝」をスコットランドに派遣した「岩井喜一郎」の息がかかっており、サントリーやニッカに続き日本ウイスキー界において重要なアイコンでもある。近年のウイスキーブームも手伝い、マルスウイスキーは鹿児島県に第二の蒸留所「津貫蒸留所」を本格的に稼働し始めた。

(2024年3月1日より「マルス駒ヶ岳蒸溜所」に変更されます)

所在地〒399-4301長野県上伊那郡宮田村4752-31
アクセス■電車をご利用の場合JR飯田線で「駒ヶ根駅」または「宮田駅」を下車後、タクシーで約10分■お車をご利用の場合「中央高速自動車道」の「駒ヶ根IC」より約5分
操業始1985年
公式HP本坊酒造 マルス信州蒸溜所
見学見学可。メールフォーム・FAXにて要申込み。
商品シングルモルトウイスキー駒ヶ岳2022

マルス津貫蒸留所(本坊酒造)

出典:本坊酒造FB

「マルス津貫蒸溜所」は鹿児島県南さつま市にあり、夏は暑く冬は厳しい寒さになる山深い盆地にある。元来、この地は古くから良質な水が湧き出て「いも焼酎」の生産が盛んに行われてきた。2016年より、津貫工場内の貯蔵庫の一つを改装し、マルスウイスキー第二のウイスキー蒸溜所「マルス津貫蒸溜所」は創業した。もう1つのウイスキー蒸溜所である「マルス信州蒸溜所」とは対局の環境で、個性の違う原酒造りを行い、マルスウイスキーの可能性の幅を広げている。

所在地〒899-3611 鹿児島県南さつま市加世田津貫6594
アクセス鹿児島空港からバスをご利用の場合※約1時間半に1本
鹿児島交通 6番乗場(枕崎・加世田方面)「鹿児島空港」バス停から約90分
「加世田」下車の場合 タクシー(約10km)
「上津貫」下車の場合 徒歩(約2km)※タクシーはおりません
■お車をご利用の場合
「鹿児島空港」から約90分(九州自動車道 谷山IC経由)
「鹿児島市内」「JR鹿児島中央駅」「JR指宿駅」から約70分
「知覧特攻平和会館」から約40分
「JR枕崎駅」から約20分
操業始2016年
公式HP本坊酒造 マルス津貫蒸溜所
見学見学可。メールフォーム・FAXにて要申込み。
商品シングルモルト津貫 2023エディション

八郷蒸留所(木内酒造)

出典:木内酒造HP

木内酒造が本格的にウイスキー造りに向けて稼働をさせた「八郷蒸溜所」は茨城県の県央部石岡市にある。西に筑波山を望む八郷地区は夏はとても暑く、冬は寒い。寒暖差があり雨量もそれほど多くはない特殊な土地柄で生まれるウイスキーは茨城産にこだわり、1823年から続く老舗の酒蔵が母体らしく、酵母も自社製酵母を仕様。原料にも大麦の他に小麦や米、そして蕎麦を用いるなど新しい試みに挑戦し続けている。

所在地〒315-0151 茨城県石岡市須釜1300−8
アクセス常磐道「土浦北IC」から約20分
常磐道「千代田石岡IC」または「石岡小美玉スマートIC」より約20分
操業開始1823年
公式HP木内酒造 八郷蒸溜所
見学一般見学可
商品日の丸ウイスキー The 1st Edition

余市蒸留所(ニッカウヰスキー)

出典:ニッカウイスキーHP

日本のウィスキーの父と呼ばれるニッカウヰスキー創業者「竹鶴政孝」が自身のウイスキーづくりの理想郷を求めて1936年に操業開始した蒸留所。スコットランドに似た冷涼で湿潤な気候、豊かな水源と凛と澄んだ空気がそろった場所こそが、理想のウイスキーづくりには欠かせないと考え、さまざまな候補地の中から余市を選びました。今では本場スコットランドでも珍しい『石炭直火蒸留』を行う数少ない蒸留所で、竹鶴氏のスピリットを今も受け継いでいます。

所在地〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町7丁目6
アクセスJR北海道 余市駅から徒歩2~3分
小樽市から車で約30分
札幌市から車で約1時間30分
新千歳空港から車で約2時間30分
操業開始1936年
公式HPニッカウヰスキー 余市蒸留所
見学一般見学可
商品シングルモルト余市NA

長濱蒸留所

出典:長濱浪漫ビール

滋賀県長浜市にあるクラフトビール醸造所『長濱浪漫ビール』に併設されている日本でも最小クラスのクラフトウイスキー蒸留所。1996年より近畿地方では3番目となるクラフトビールの醸造を開始し、20年後の2016年に設立されたまだ新しい蒸留所です。特長的なのは、築100年以上の白壁土蔵の米蔵を改装した蒸溜所の面積はわずか約8坪。蒸溜所内には初溜釜2基、再溜釜が1基、合計3基の蒸留釜によって稼働しています。

所在地〒526-0056 滋賀県長浜市朝日町14-1
アクセスJR長浜駅より徒歩約4分
長浜I.Cから約4km
操業開始2016年
公式HP長濱浪漫ビール 長濱蒸留所
見学一般見学可
商品アマハガン、シングルモルト長濱、長濱ニューメイク、その他(限定ボトル

富士御殿場蒸留所(キリンディスティラリー)

出典:キリンディスティラリーHP

富士御殿場蒸留所は、1972年に日本のキリンビール、アメリカのスピリッツ会社J.E.シーグラム、イギリスのウイスキー会社シーバスブラザーズの3社合弁(3国共同)により、キリン・シーグラム株式会社が設立され、翌年1973年8月に操業しました。富士御殿場蒸留所はトウモロコシなどを主体としたグレーン原酒の製造に特化しており”マルチカラム”、”ケトル”、”ダブラー”の3種類の連続式蒸留器を駆使して様々な特徴のグレーンウィスキーを作り分けています。

所在地〒412-0003 静岡県御殿場市柴怒田970番地
アクセス■JR御殿場駅から無料シャトルバス運行
■ 東名高速御殿場I.Cを山中湖方面に降り、国道138号線を直進約6km進んだ右側
操業開始1973年
公式HPキリンディスティラリー 富士御殿場蒸留所
見学一般見学可
商品、富士山麓シグニチャーブレンド、シングルグレーンウィスキー富士

ホワイトオーク蒸留所(江井ケ嶋酒造)

ホワイトオーク蒸留所

瀬戸内海に面した明石市にある「ホワイトオーク蒸溜所」は100年以上も続く造り酒屋「江井ケ嶋酒造」が運営する蒸溜所。国内ではあの「山崎蒸溜所」よりも早くウイスキー製造免許を取得し、80年代から自社のモルトウイスキー造りを行ってきた。

近年のウイスキーブームによって陽の目を浴びる形とはなっているが、リリースされるシングルモルトやブレンデッドウィスキーは国内をはじめ海外でも評価が高い。

所在地〒674-0065 兵庫県明石市大久保町西島919
操業開始1888年
公式HP江井ヶ嶋酒造公式HP
見学一般見学可
商品ホワイトオーク あかし、シングルモルト あかしなど

嘉之助蒸溜所

出典:小正醸造株式会社

嘉之助蒸溜所は日本の鹿児島県にある蒸留所で創設は2017年。元々、熟成米焼酎メローコヅルを販売する小正醸造株式会社が焼酎造りの技術を生かしてウイスキー事業へ参入した経緯がある。

造られるウイスキーは、大中小の大きさの違いによるポットスチルから生まれるスピリッツをメローコヅルの熟成に用いた樽に詰め熟成。寒暖差の激しい地域の特性を活かし、短年熟成ながら非常にまろやかな味わいのモルトウイスキーを造り上げている。

近年のジャパニーズウイスキーブームによって、益々知名度を上げている蒸留所の一つである。

所在地〒899-2421 鹿児島県日置市日吉町神之川845-3
操業開始2017年
公式HP嘉之助蒸溜所 KANOSUKE DISTILLERY
見学一般見学可
商品シングルモルトKANOSUKEなど

イスラエル

M&H蒸留所