【レビュー】シャクルトンの味と香りを解説!!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

このウイスキーを簡単に説明

このウイスキーについて

淡い水色がおしゃれなこのボトルは『シャクルトン』と言います。

シャクルトンとはイギリスの冒険家『アーネスト・シャクルトン』という方の名前で

実際に南極大陸への探検に何度か行かれた方で、

当時はきっと今ほどの防寒対策もされていなかった事もあり

寒さをしのぐ為に、強いアルコールが身体に活力を与えていたのだと思います。

それに、船上では真水に限りがあるため

腐らないアルコールは、水分の代わりに飲まれていたという歴史もあるみたいです(゚o゚;

海賊船にラムが大量にあるのはそのためかもしれませんね。

偉大な冒険家たちが、南極の基地を引き上げる際に置いてきたウイスキー。

それは100年後となる2007年の発見に至るまで、

極寒の地で静かに眠っていました。

(最高にロマンがある・・・)

その約、100年前のボトルに入っていたウイスキーの味を再現にしたのが、

今回のウイスキー『シャクルトン』です。

ストレートで飲んでみる

では早速、作り手と偉大な冒険家たちに敬意を表してストレートで飲んでみます。

第一印象は『優しい香り』です。

ウイスキー特有の甘いカラメルの様な香りと、ナッツの香ばしさが感じ取れます。

鼻→カラメル→アルコール感に包まれたナッツ

実際に口に含んでみると、香りの印象通りの優しい口当たりです。

甘みを感じつつ、アルコールのピリっとした刺激もありながら

穀物の香ばしさを感じ、干し草のような香りと共に

飲み込む過程で個人的には『塩味』を感じました。

ブレンデッドウイスキーの中では主張が少ない印象ですが

言い換えれば、バランスがとれた非常に上品な味だと思います。

(筆者は後に紹介するアイラ系にイカレテル)

空腹時でも飲めてしまうくらい優しい味と香り。

正直、もっとパンチが効いてるか摩訶不思議感を想像していたのですが、

良い意味で裏切られました(‘-‘*)

この味わいでしたら、

女性やウイスキー初心者でも受け入れられるのではないでしょうか(^^)

ハイボールで飲んでみる

では次はハイボールで飲んでみます。

グラスに顔を近づけると甘い香りと共に森林の様な、みずみずしさを感じ取れます。

口に含むとソーダの清涼感も後押しして、爽やかな甘さとハーブの様な清々しい香り、

そして、うっすらと塩味をまとったヨード感が心地良いです(^^)

飲み方によって味も香りも変わるウイスキーは本当に楽しい(´ω`)

全体的にウイスキーが苦手な方でも、薄めで割るなどして召し上がれば

抵抗なく飲めるのではないでしょうか!?

個人的にはここにミントの葉を加えれば最高かな!!と、思います♪♪

まとめ

ということで、今回ご紹介したのは『シャクルトン』

100年前の味わいを再現ということで謎多き印象かもしれませんが、

中身は香りも味わいも優しく、

ウイスキーというカテゴリーの中では

非常に飲みやすい部類になると思います。

飲み方を選ばないというのは、非常に大切な要素でして

数人で同じボトルを囲んだ際に、各々のスタイルの全てにマッチする優等生タイプ!!

一つのボトルから生まれる空間に、

100年前の味というロマンがプラスされるこのボトル。

仕事で疲れた心身に癒やしを与えてくれた

そんなボトルでした(´ω`)ご馳走様でした。

スポンサーリンク

コメント