ジョニーウォーカー12年 スペイサイドオリジン

このウイスキーを簡単に説明

ジョニーウォーカー12年 スペイサイドオリジンついて

今回のレビューはブレンデッドウイスキー『ジョニーウォーカー12年ブラックラベル』の限定ボトル『ジョニーウォーカー12年スペイサイドオリジン』です。

『スペイサイドオリジン』はジョニーウォーカーを構成している様々な原酒のうち、『スペイサイド産の原酒』のみでボトリングしたブレンデッドモルトウイスキーになります。

出典:サントリーHP

構成原酒は主な2つは、スペイサイドを代表する蒸留所『カーデュ蒸留所』と、オフィシャルリリースは稀な『グレンデュラン蒸留所』のモルト原酒が使われています。

カーデュの特徴は、アプリコットの様な上品な香味と、スムースでメロウな味わい。そしてスパイシーなフィニッシュが特徴です。まさに、華やかな甘さがあるスペイサイドらしいウイスキーです。

一方の『グレンデュラン蒸留所』はオフィシャルでの流通はなくボトラーズなどからリリースされ日本での知名度は低いですが、シングルモルトスコッチウイスキーに対する情熱を4世代家族経営で受け継がれてるブランドで、濃厚なバニラの香りやライムを楽しむことができます。

この2つの蒸留所のモルトをブレンドし出来上がったウイスキーが『ジョニーウォーカー12年スペイサイドオリジン』です。

ジョニ黒の愛称で知られる『ジョニーウォーカーブラックラベル』その構成原酒の一部(スペイサイド産モルト)にスポットを当てた限定品『スペイサイドオリジン』を今回レビューします。

スポンサーリンク

テイスティング(実際に飲んでみた)

フレーバーチャート
味わいチャート

ストレートで飲んでみる

香り
  • 洋梨、リンゴ、レモン、アプリコット、ハチミツ
味わい
  • フルーティーな甘み、ビターでスパイシーな余韻
感想

最初はストレートから飲んでみます。香りは洋梨やリンゴのような香りにレモンの様な酸味がアクセントにあります。また、アプリコットを彷彿とさせる甘い香りとハチミツのようなウッディさが目立ちます。口に含むと、香りと同様のフルーティーな甘さがありますが長続きはせず、ビターが顔を出しピリッとしたスパイシーな余韻へと続きます。

ジョニーウォーカーブラックラベルなどのブレンデッドにはない華やかなで主張の強い味わいですが、ややアルコール感はあります。ただ、モルトティな味わいが強いのでそこまでネガティブな感じはなく\3,000で買えるウイスキーとしてはコストパフォーマンスに優れていると思います。

ロックで飲んでみる

香り
  • キャラメル、ハチミツ、バニラ、リンゴ
味わい
  • フルーティーな甘み、ウッディな香りとビター、スパイシーな余韻
感想

次は氷をいれたオンザロックで飲んでみます。香りはストレートの時よりもウッディさが増してキャラメルやバニラの香りを強く感じます。後から追いかけるような形でリンゴのフルーティーな香りがしますが、ストレートの時よりも印象は薄いです。口に含むと、ストレート同様に果実のような甘みを感じ、バニラなどのウッディとビターが徐々に膨らんでスパイシーな余韻へと続きます。

氷が溶けて加水が進むとリンゴなどのフルーティーさも増してきましたが、味わいに大きな変化はなく、氷によって冷えた分若干ビターを強めに感じるところもありますが、スペイサイドモルトらしさは十分に感じ取れます。

ハイボールで飲んでみる

香り
  • リンゴ、洋梨、キャラメル、ハチミツ
味わい
  • ビター、フルーティーなアフター
感想

最後はハイボールで飲んでみます。ブラックラベルでは『ジョニーハイボール』をうたっていますが、このスペイサイドオリジンではどうでしょうか!?香りは果実感たっぷりのフルーティーな香り、そしてハチミツやキャラメルのようなビターが微かに感じる甘い香りがします。口に含むと、キリッとしたビターを先行して感じ、熟した果実のような甘くもフルーティーな余韻が残ります。先程までの2つの飲み方とは逆転した味わいで少々びっくりしましたが、ここがウイスキーの面白いところでもあります。非常に華やかなハイボールで、おつまみなど要らないくらい芳醇な味わいでとても美味しいです。

ブラックラベルと比べると

手元にレギュラーのブラックラベル12年がありましたので、ストレートで飲み比べをしてみました。

香りはどちらも、リンゴやアプリコット、洋梨などのフルーティーな香りが漂いますが、ブラックラベルのほうがピートとスモーキーな香りが漂い重厚感があります。ただ、香りの強さを比較してみると一つ一つの要素がしっかりと主張しているのは「スペイサイドオリジン」の方で、ブレンデッドであるブラックラベルは穏やかでフィルターがかかったような印象があります。

口に含むと、どちらも華やかな香りと果実感がありますが、ブラックラベルの方はスモーキーなクセもありながら舌へのインパクトも穏やかでじんわりと主張してきます。その点、スペイサイドオリジンはモルトのみの構成なので、香味成分や味わいに柔らかながらもパンチがあります。

ブレンデッドとブレンデッドモルト、両者の一番の違いはグレーンウイスキーが含まれているかいないかが一番大きく、ブレンデッドウイスキーである「ブラックラベル12年」は複雑ながらも主張は一歩引いた飲みやすさがありスペイサイドオリジンは華やかなモルトの主張がガツンとくる強い個性が特徴です。例えるなら、スペイサイドオリジンは原色ブラックラベルは中間色の様な感じだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ジョニーウォーカーのモルト産地に特化した限定ボトル「スペイサイドオリジン」のレビューでした。甘く華やかな印象のあるスペイサイドモルト。その個性を存分に発揮しているとても美味しいウイスキーで、ストレートで飲めばシングルモルトを飲んでいる様な強烈な個性を感じ、ちょっともったいない気もしますが、ハイボールで飲むと合わせるおつまみも要らないくらい甘く華やかで優しいハイボールになります。

\3,000程度で買えるウイスキーとしては非常にコストパフォーマンスが高く魅力的なウイスキーですが、限定品であるところが難点です。まだ、売れ残っている店舗などもあるかもしれないので、見かけた際は是非、お試し頂くことをお勧めします(^^)


人気ブログランキング
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました