ジョニーウォーカーブラックラベル(ジョニ黒)

このウイスキーを簡単に説明

ジョニーウォーカーブラックラベルについて

世界的に有名なスコットランドのブレンデッドウィスキー「ジョニーウォーカー」ですが、その中でも「ジョニ黒」の相性で呼ばれているのが今回のボトル「ジョニーウォーカーブラックラベル」です。

40種以上のモルトやグレーン原酒をブレンド。その全てが12年以上の熟成年数という非常に贅沢な内容によって不動の人気を誇るブラックラベルが完成します。

ブレンドの軸となるキーモルトはスペイサイドのカーデュ、アイランズのタリスカー、アイラのラガヴーリンが使用され、もちろんその全てのキーモルトも12年以上の熟成年数の原酒。

この上なく贅沢なブレンドをされているウイスキーの味わいは、産地の特徴である「ピート香、微かな塩味、華やかな甘味」など複雑かつ芳醇な味わい。

世界売上ナンバーワンを誇るジョニーウォーカーの基本であり、最も馴染みのある銘柄だけに期待を裏切らない確かな品質を長年に渡って守り続けています。

そんなジョニーウォーカーブラックラベル(通称:ジョニ黒)を3種類の飲み方でレビュー♫

スポンサーリンク

テイスティング(実際に飲んでみた)

フレーバーチャート
味わいチャート

ストレートで飲んでみる

香り
  • リンゴ、はちみつ、アプリコット、いちごジャム、キャラメル、紅茶、硫黄、ドライフルーツ、ヨード
味わい
  • オイリーな舌触り、シェリーやヨードのモルト感、ビターでスパイシーなアフター
感想

まずはストレートで飲んでみます。香りはリンゴやアプリコットなどの果実香と、砂糖の甘さを合わせもったイチゴジャムの様な香りがします。そしてバニラやキャラメルのウッディな香りと共に、紅茶の発酵感、硫黄やピートなどのツンとくるケミカルさもあります。口に含むとちょっとオイリーな舌触りがしてシェリー樽由来のタンニンと華やかな樽香、アイラを感じるヨード感の後にビターとピリッとしたスパイシーな香りが余韻まで続きます。

レッドラベルとは明らかに違う熟成感と重厚さがあり、長年ウイスキーとしての顔を担ってきただけのことはある味わいです。¥2,000程度で買えるウイスキーとしては非常にコストパフォーマンスに優れた味わいだと思います。

ロックで飲んでみる

香り
  • リンゴ、バニラ、はちみつ、ヨード、ダークチョコ
味わい
  • 程よい甘みにシェリーのタンニン、心地よいヨード感
感想

次は氷を入れたオンザロックで飲んでみます。香りはリンゴのフルーティーな香りと、バーボン樽を連想するウッディなバニラやキャラメル、そしてピーティーなヨードを感じます。全体にビターとオイリーさをまとったダークチョコの様な感じもあり、複雑な香味はブレンデッドの12年ならではです。口に含むと、程よいバニラアイスの様な甘みと、シェリーのタンニン(渋み)を感じ、ヨードを帯びたビターな余韻が口の中にヒシヒシと続きます。氷によって冷却と加水がされたものの、熟成感は豊富に感じて味の濃いものと合わせても負けない重厚感があります。

ハイボールで飲んでみる

香り
  • 青りんご、ヨード、干し草
味わい
  • 割っても崩れないしっかりとした熟成感、ヨードと甘味のバランス
感想

最後はハイボールで頂きます。香りは熟したというよりは、青々とした果実香(青リンゴ)とアイラモルトを思わせるヨードやピート、そしてどこか懐かしい干し草を思わせる香りがします。口に含むと、しっかりとした熟成感の中に、切ったばかりのリンゴをかじった様なフルーティーさがあり、追いかける様にピート感のある味わいが、ビターを伴って消えていきます。独特のクセみたいなものは感じますが、飲み応えがあり爽やかな後口で、どんなスタイルでも馴染む汎用性の高い上質な味わいです。

赤と黒を飲み比べてみる(ストレートで)

世界一売れているブレンデッドウイスキーとして誰もが知っている2つのボトルを飲み比べてみました。まずはスタンダードの「レッドラベル」ですが少し抵抗感を感じるアルコールの刺激がありフルーティーな香りもありますが、若さからくる刺々しさが目立ちます。実際に口に含むと、アルコールのピリつきを感じ、干し草のような香りとビター、そしてスパイシーなアフターへと続き全体的には軽い印象です。一方のブラックラベルの香りは甘やかでドッシリとした重厚感があり、口に含んでもアルコール感は少なくウッディな甘さとヨード感があってスパイシーですが感じる要素に熟成感を多く感じます。

しかし、下位ボトルのレッドラベルもハイボールで飲んでみると軽快でしつこさのない、飲み飽きない味わいで、ブラックラベルの方は熟成感があり美味しいですが食事の時はクリアでサッパリとしている物の方が好みの方には重く感じる部分もあると思います。

結局ところは好みになってしましますが、安いから駄目、高いから良いと一概に言えないのも嗜好品であるウイスキーの面白さかもしれません。個人的には「レッドラベル」はハイボールで、ブラックラベルはストレートかロックで飲むことが多いですが、気分次第の時もあったりします。結論は「どちらも良いウイスキー」ということです。

まとめ

ジョニ黒で有名な「ジョニーウォーカー12年ブラックラベル」のレビューでした。何処でも手に入る手軽さと、¥2,000代で買えるウイスキーとしてはコストパフォーマンスが非常に優れている味わいで、世界一売れているというのもうなずけます。どのような飲み方をしても崩れないしっかりとした熟成感、程よく効いたスパイシーな後味も次の一杯へ絶妙な橋渡しをしてくれています。単なる熟成感だけ追い求めた様な味わいではなく、「飲み飽きない」さじ加減を心得ているところが、世界中の人に長年親しまれている理由かもしれません。

贈り物や何を飲むか迷った時は「ジョニ黒」と言ってもいいくらい、ウイスキー好きには一家に一本あっても問題ない良いウイスキーの一つです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました