【レビュー】「ブレンデッドジャパニーズウイスキー 戸河内プレミアム」を3種類の飲み方で味と香りを解説!!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

sister-ley
sister-ley

こんにちは!ウイスキーの魅力と楽しさを伝えるカエル「sister-ley」です!今回も、魅力的なウイスキーの解説&レビューを行っていきます!!

広島県のクラフト蒸留所「桜尾蒸留所」がリリースする「戸河内」がリニューアルしました!!

今回は、ジャパニーズウイスキーとして生まれ変わったブレンデッドウイスキー「戸河内プレミアム」をご紹介致します!!

ウイスキー属性 ブレンデッド
産地(メーカー) 日本(サクラオディスティラリー)
原料 モルト・グレーン
味わい フルーティーで香ばしい
飲みやすさ ★★★★☆☆
おすすめの飲み方 ロック、ハイボール
個人的感想 高コスパボトル

高コスパジャパニーズウイスキー「戸河内プレミアム」

広島県の自然豊かな土地「戸河内」

「戸河内」とは、広島県の桜尾蒸留所が製造するジャパニーズウイスキーのブランド名です。この名前は、原酒を熟成させている場所の地名に由来します。戸河内という地名は、かつて広島県西部にあった町の名前で、現在は広島市安芸太田町の一部となっています。このウイスキーは、「戸河内」という名前にふさわしく、その土地の歴史や風土が表現された味わいとなっています。

安芸の宮島近くにある「桜尾蒸留所」

桜尾蒸留所は、広島県廿日市市にあるジャパニーズウイスキーの蒸留所です。1918年に創業した老舗の酒造メーカーが、2017年に新しい挑戦として立ち上げました。桜尾蒸留所では、広島県産の原料を使って、純国産のシングルモルトウイスキーを製造しています。そのウイスキーは、桜尾と戸河内というブランド名で販売されています。

桜尾は、蒸留所内の桜尾貯蔵庫で熟成されたウイスキーで、瀬戸内海からの潮風が香るフルーティーな味わいが特徴です。戸河内は、安芸太田町の山あいにある戸河内貯蔵庫で熟成されたウイスキーで、新緑の香りがする爽やかな味わいが特徴です。桜尾と戸河内は、それぞれの貯蔵庫の環境によって熟成の過程が異なり、同じ原酒でも異なる個性に仕上がります。

こだわりの製法が凝縮した戸河内

「戸河内」ウイスキーは、桜尾蒸留所の独自の製法で造られています。この蒸留所はとても小さく、蒸留に使うスチルはたった1基です。それでも、モルトを粉砕するところから蒸留するところまで、すべての工程がここで行われています。

スチルはアーノルド・ホルスタイン社のハイブリッドスチルで、単式蒸留のポットスチルと連続式蒸留のコラムスチルが一体になっています。初留ではポットスチルだけを使って、再留では約46時間かけてポットスチルとコラムスチルの両方を使っています。この方法で、甘くて飲みやすい原酒ができあがります。

さらに、桜尾蒸留所ではスコットランドから取り寄せたモルトを使っています。そのモルトの半分はノンピートで、残りの半分はミディアムピートです。この厳選されたモルトが、戸河内ウイスキーに特有の香りと味を与えています。

唯一無二の熟成庫「戸河内トンネル」

桜尾蒸留所には、桜尾貯蔵庫のほかにも「戸河内貯蔵庫」があります。この貯蔵庫は、使われなくなった鉄道のトンネルを使っています。トンネルの中は、一年中涼しくて、気温は15°Cくらいで、湿度は80%くらいです。このような環境で、戸河内ウイスキーはゆっくりと熟成されています。桜尾貯蔵庫の原酒とは、熟成の仕方が違っています。

画像出典:桜尾蒸留所HP

年間を通して湿潤冷涼な環境はウイスキーの熟成にとって非常に恵まれた環境といえます。

配線となったトンネルを熟成庫に使うなんて、とても面白い試みですね!!

戸河内を最初に試すなら「戸河内プレミアム」から

「戸河内プレミアム」は桜尾蒸留所で蒸留されたモルトウイスキーとグレーンウイスキーを戸河内貯蔵庫で熟成させてブレンドしたジャパニーズブレンデッドウイスキーです。

このウイスキーは以前は海外原酒をブレンドし、リーズナブルな価格で本格的な味わいが楽しめるとして桜尾ファンはもとより、ジャパニーズウイスキーファンからも評価の高いウイスキーとして人気でしたが、今回のリニューアルに伴い全量自社原酒による構成に改められ、正真正銘のジャパニーズウイスキーとして新発売されました。

基本ボトルである「戸河内プレミアム」に加えて、様々な樽でフィニッシュをかけて味と香りに変化を持たせた派生ボトル「カスクフィニッシュシリーズ」も発売されました。その中には「サケカスクフィニッシュ」、「ビアカスクフィニッシュ」、「ピーテッドカスクフィニッシュ」といったバラエティに富んだものがあります。

日本のクラフト蒸留所がリリースするボトルとしては良心的な価格帯で、比較的入手もし易いことから、クラフトウイスキーの入門としてもおすすめです。また、高品質な桜尾蒸留所の原酒を戸河内の環境が育てた唯一無二の味わいを楽しむことが出来ます。

自社原酒のみで構成される「戸河内プレミアム」は正真正銘のジャパニーズウイスキー!!

国産にリニューアルされても価格がお手頃なところは企業努力の賜物ですね!!

sister-ley
sister-ley

それでは、いつものようにストレート、ロック、ハイボールの3種類の飲み方で味と香りをみていきましょう!!

スポンサーリンク

テイスティング(実際に飲んでみた)

テイスティング ウイスキー ストレート ロック ハイボール グレンケアン

フレーバーチャート

味わいチャート

ストレートで飲んでみる

香り

  • ミルクチョコ、ビスケット、柿、バニラ、ハチミツ、ナッツ、オレンジ

味わい

  • ライトテイスト、ミルクチョコのようなアフター

感想

まずはストレートから飲んでみます。

香りは、香ばしくもチョコレートのようなほろ苦さと甘さがあり、切ったばかりの柿の香りが際立ちます。奥にはバニラ、ハチミツ、ナッツなどのニュアンスが感じられ、時間が経つとオレンジの香りも現れます。

口に含むと、香ばしい穀物の香りとしっとりとした和の果実(柿)の風味が広がります。そして、チョコレートのほろ苦さにシトラス(オレンジ)の爽やかさが加わり、最後はチョコのほろ苦さとハチミツの甘さが香り、余韻は長くはなくすっと消えていきます。

熟成期間は3年程度でしょうか!?思いのほか円みを帯びた酒質で、尖った部分も少なく飲みやすいです。そして何よりミルキーな舌触りと、ビターが膨らみすぎない程よい柑橘感が心地よく、クラフトウイスキーとしてはとても完成度の高いウイスキーだと思います。

大げさに言えばニッカの「カフェモルト」のような香ばしさがあり、後から膨らんでくるフルーティーな香りと味わいが病みつきになります!これは神コスパ!!

ロックで飲んでみる

香り

  • ジェリービーンズ、チェリー、プラム、オレンジ、レモン、エルダーフラワー

味わい

  • 心地よい酸味と香ばしい余韻

感想

次は氷を入れてオンザロックで飲んでみます。

香りは、少し弱まりながらも一気にフルーティーで砂糖のような甘さが引き立ちます。ジェリービーンズの袋を開けた時のような香りに、チェリーやプラムの酸味、オレンジやレモンのシトラスが混ざり合います。そして、全体にエルダーフラワーのような少し苦味のあるフローラル感があります。

口に含むと、赤色を連想する果実の酸味が膨らんで、レモンやオレンジのピールが心地よいアクセントとして感じられます。そしてシトラスの心地よいビターと酸味がきて、余韻にかけてエルダーフラワーのフローラルな香りとともにさっと消えていきます。

氷を入れると果実感も強まりますが、同時にハーヴィーなニュアンスも出てきます。ブレンデッドながらシングルモルトのような個性豊かな味わいが楽しめました。個人的にロックで美味しいウイスキーは数えるほどしかありませんが、その中の一つとして新たな発見がありました。

ビターが膨らみすぎず、エルダーフラワーのハーブっぽい華やかさが心地よい余韻へと誘ってくれました。飲んでいて元気になる、そんな味わいです!!

ハイボールで飲んでみる

香り

  • オレンジピール、ハーブ、蒸したナッツ、かすかにミルクチョコ

味わい

  • ナッツとシトラスのハーモニー

感想

最後はハイボールで飲んでみます。

香りは大分弱まってしまいましたが、オレンジピールのジューシーな柑橘感とハーブっぽい香りがあります。蒸したナッツを連想させる香りに、チョコっぽいニュアンスも僅かに漂います。

口に含むと、ミルキーな舌触りでナッツの皮の渋みとエルダーフラワーのようなハーブ感が広がります。そして、シトラスの甘酸っぱさやビターが追いかけてきて、ピールの苦味に変化します。ナッツの香ばしさとチョコのほろ苦さを感じ、余韻は短くスッと消えていきます。

全体的な味わいはナッツの香ばしさがあり、ホクホクした穀物感と柑橘のアクセントが効いていて、非常に飲みやすく個性的な味わいのハイボールです。ロックの時もそうですが、ビターが膨らみすぎず、丁度よいところで留まってくれるのが非常に好印象でした。

アテは要らないくらい非常に富んだ味わいがします。良質なグレーンの香ばしさと表情豊かなモルトの共演は是非、味わって頂きたいです!!

まとめ

こちらも校閲・添削のプロです。あなたがレビューの際に書いた文章を読ませていただきました。文章はとても情報量が多く、ウイスキーの特徴や評価を具体的に述べています。素晴らしい文章だと思います。ただ、もしよろしければ、以下のように少し修正を加えると、さらに読みやすく完成度の高い文章になると思います。

桜尾蒸留所のもう一つのブランド「戸河内」のブレンデッドウイスキー「プレミアム」のレビューです。

熟成期間などを考慮しても、非常に良くできたブレンデッドウイスキーで、桜尾蒸留所の造る原酒がいかに高品質かが伺えます。また、熟成環境によって造られる対象的な味わいも面白く、今後リリースされるであろう年数表記ボトルも待ち遠しいです。

昨今のウイスキーブームによってジャパニーズクラフトウイスキーは入手が困難な状況が続いています。そんな中、酒販店で普通に購入できて、価格もお手頃というのは非常に評価すべきポイントです。

そのような状況があるからこそ、「普通に買えるなら大したことないのでは!?」という先入観が生まれてしまいましたが、実際に飲んでみると味わい深く、どんな飲み方をしても美味しいコストパフォーマンスに優れたボトルだと感じました。

「ブレンデッドウイスキー戸河内」は、今回レビューした「プレミアム」を基本にカスクフィニッシュシリーズも展開されています。非常にバラエティに富んだラインナップです。ベーシックとなるこの「プレミアム」を軸に、各ボトルとの飲み比べをしてみても面白そうです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

テイスティングに使用しているグラス「グレンケアン」、クリスタル製なのに丈夫で倒れにくく洗いやすい!!しかも、安価という素晴らしいウイスキーグラス。

スポンサーリンク

コメント